アレルギーが起こるメカニズムと考えられる原因とは?

アレルギーが起こるメカニズム

アレルギーは、自分の体の成分と違う、例えば食べ物や花粉、ウイルスに対して過敏に反応する状態のことを言います。そしてそのアレルギーに対して、異物として認識し、攻撃し排除するのが免疫です。

そのため、病気になったり、ウイルスに感染してしまうのを防いだり、仮になってしまった場合の時でも回復するためには、免疫は絶対に不可欠な存在です。

このページでは、アレルギーが起こってしまう原因について主に紹介したいと思います。

アレルギーが起こるメカニズム

アレルギーが起こる原因にはさまざま要素が考えられます。

先ずは食生活の変化です。食生活の欧米化が進んだことで、肉をはじめとした動物性脂肪の摂り過ぎや、動物性たんぱく質や脂質が増え、反対に炭水化物や食物繊維の摂取量が減りました。

また、核家族が増えたり、共働きの家が増えることでライフスタイルが変わり、ファーストフードやインスタント食品などを摂る機会も増えました。これらの食品に含まれる食品添加物によってアレルギー疾患者が増えた傾向にあります。

そして、排気ガスや花粉、黄砂などの社会的環境の変化、遺伝などによってもアレルギーが起こる原因となっています。その他にはストレス、アレルギー疾患なども考えられます。

その中で、身体の中に入ってくる上記のような異物に対して、反応し抗体が過剰に働くことをアレルギー反応と言い、それを排除しようとする働きが免疫なのです。

IgE抗体の役目

アレルギーの原因となる物質を「アレルゲン」「抗原」といいますが、アレルゲンまたは抗原に対抗するために、体内では「IgE(アイジーイー)抗体」というタンパク質が作り出されます。IgE抗体は、抗原と結合し、破壊力を持った白血球を呼び集めることが大きな役目となります。

白血球はあっさりと抗体と結合した抗原を羽交い絞めにして、自分も一緒に破壊するのです。破壊することで抗体が作られると、ヒスタミンという物質が体内で放出されます。このヒスタミンがかゆみやくしゃみ、腫れを引き起こす原因物質なのです。

IgE抗体の量でアレルギー反応の強さを予測

アレルギー反応の強さを予測するには、血液検査で出た、IgE抗体の量で知ることができます。現在では200種類以上のアレルゲンに対する特異IgE抗体を測定することができます。

測定値はクラス0~6までの7段階でスコア表示され、スコアが高い方が特異IgEの量が多いこと(陽性度が強いこと)を示していますが、かと言ってその結果が必ずしも診断を確定するものではないということです。食物アレルギーの診断は、スコアが高くても症状がでないことが結果として存在しています。

アレルギーが原因で起こる病気とは?

アレルギーが原因で起こる病気
アレルギーが原因で起こる病気には、次のようなものがあります。

・気管支喘息
・食物アレルギー
・アトピー性皮膚炎
・アレルギー性鼻炎
・アレルギー性結膜疾患
・アナフィラキシー
・薬物アレルギー
・ぜんそく
・花粉症
・蕁麻疹(じんましん)

 

当サロンでは、アレルギーによる原因をお客様と共に考え究明しながら、「ソト」はもちろん、「ウチ」からの体質改善も目指した施術を行っています。低体温はアレルギーのみならず、様々な病気をひき起こす原因とも言われています。
体温を上げることで基礎代謝が上がり、ホルモン関係も良好、肌代謝もアップされます。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. シャンプーの2度洗い

    シャンプーの2度洗いは頭皮に悪い?~素朴な疑問~

  2. 女性の便秘

    女性が抱える主な便秘リスクとは?【原因と対策】

  3. 無性に辛いものが食べたくなるメカニズムとは?

  4. 髪がべたつくのはなぜ?毎日洗っても改善しない原因

  5. 便秘と自律神経

    便秘と自律神経の関係性とは?

  6. 美容 冷え

    冷えのぼせとは?