リコピンの働き健康や美容効果について

■リコピンが健康や美容に言い理由とは

リコピンが健康や美容によいという事を知っている方は多いのではないでしょうか。しかし、リコピンの効果はどのようなものか、どのようにして食べれば良いのかなど、リコピンに対して分からないことも多いので、今回はリコピンについて詳しくお伝えしていきます。

■リコピンはどこにあるの?

リコピンは植物に含まれる赤色やオレンジ色の色素成分、カロテノイドの1つです。リコピンはそのカロテノイドよりも抗酸化作用が高く、同じ抗酸化作用でもビタミンEの100倍以上あるほどです。リコピンをたくさんとりたい時はやはりトマトを食べるとよいです。トマトにリコピンの成分は多く含まれています。

■リコピンの健康への効果

真っ赤なトマトは食欲がそそられますよね。食卓にもトマトがあると華やかになります。そのような真っ赤なトマトには現在、健康効果で注目されています。トマトを食べている人はガンになる危険率が減ったというデータがあるように、トマトはガン予防によいことがわかっています。大きな理由としては、リコピンは体の酸化の元となる活性酸素を除去する働きがあるのです。活性酸素は細胞を傷つけたり、生活習慣病や老化の原因をつくる物質です。リコピンは活性酸素を除去してくれるので血液をサラサラにし、血管をしなやかで丈夫にしてくれ、高血圧や動脈硬化を防いでくれる働きをします。そして、細胞がガン化するのも防いでくれるのです。さらには抗酸化があるので免疫を高めてくれます。このようにリコピンにはすごい効果が多く存在します。

■リコピンの美容への効果

紫外線によって皮膚の表面に発生する活性酸素をリコピンが除去します。それによって、シミやシワ、ソバカスの予防へと繋がります。さらに食物繊維が豊富なので腸内環境を整えますので便秘を防ぎますし、美肌にもなります。実はダイエットにも欠かせないのです。

トマトに含まれるペクチンという食物繊維は体の余分な脂肪を体外へ排出する効果もあるのです。シミやソバカスも綺麗にしてくれ、便秘も解消し美肌に更にダイエットにも効果があるので、トマトは美容に本当に良い食材です。

■どのように摂取すればいいのでしょうか

以前にテレビなどで夜トマトがいいということで、夜トマトダイエットと言うものが流行りましたが、実は朝の方が吸収率がいいことがカゴメの研究でわかったのです。リコピンの1日の摂取量の目安は15〜20mgです。リコピンは体内で生成されないうえに蓄積もされませんので、できれば毎日摂取する方が良いのです。

トマトの摂取の仕方として、生のトマトを取るよりオリーブオイルなどで加熱処理をしたトマトを食べる方が効果があります。加熱処理したトマトの方が、リコピンが多く含まれています。ちなみにトマトジュースであれば1本で大丈夫です。そして、オリーブオイルなど油分を含む食品と一緒に摂取するのがオススメです。生よりも吸収率が2〜3倍アップすることがわかっています。さらに吸収率を高めるためにミキサーなどで砕くことにより、もっと体に摂取しやすくなります。

■加工食品をうまく利用しましょう

毎日トマトを食べるのは飽きてしまいますよね。そのような時は加工されているトマトの食品をうまく利用しましょう。例えばトマトジュースや缶詰、トマトケチャップもいいですね。生でトマトを食べるより熱処理されている方がリコピンも多く摂取出来るので、トマトスープにしたり朝にジュースを飲んだりして摂取するのがオススメです。

■まとめ

リコピンは実はトマトだけではなく、赤い色のついているスイカや柿、金時にんじん、ピンクグレープフルーツにも入っています。トマトにどうしても飽きてしまったら、このような食材を食べるのもいいかもしれません。特にトマトは加工食品のほうがリコピンの摂取が高くなるので色々な料理にアレンジして毎日出来るだけ摂取するようにしましょう。

37SALONでは食事が体に対して起こる影響などを詳しくご説明し、ウチソトキレイを目指しています。是非、当サロンであなたの体のメンテナンスをしてみてください。新たな変化を感じていただけます。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 悪い油は体に悪い、その理由とは【実は油にも種類がある】①

  2. 隠れ糖尿病

    隠れ糖尿病を早期発見する方法!

  3. 花粉症対策!ヨーグルトが効果的って本当?!

  4. スルフォラファンの働き、健康や美容効果について

  5. β-グルカンの働き、健康や美容効果について

  6. 食後高血糖

    食後高血糖とは?気が付きにくい糖尿病を抑える「セカンドミール…