アリシン(硫化アリル)の働き、健康や美容効果について

■アリシンとは

古くから健康維持などに活用してきたとされるアリシン。アリシンとは一体どのような成分で、何に含まれているのでしょうか。今回はそんなアリシン(硫化アリル)の効能や効果などをご紹介したいと思います。

■アリシンとは

アリシンは、アリインという物質が変化して出来る硫化化合物です。アリインは無臭なのですが、アリシンは強い匂いがします。つまり「匂いが強いな」と感じる一部の食品に含まれています。これらの食品を刻んだり、潰したりする事で、アリインがアリシンに変化します。すると強い匂いを発するのです。

アリインはアリナーゼという酵素の作用でアリシンに変換されます。お気づきの方もいるかもしれませんが、アリシンはにんにくの効果や効能の中心となる成分なのです。そして、その強い匂いはにんにくの特徴でもあります。

にんにくにはアリシンは含まれていません。その代わり、アリインが含まれているのです。ですので、無臭です。しかし、にんにくを切ったり、すりおろしたりする事でアリインを含む細胞が壊れ、同様ににんにくに含まれているアリナーゼという酵素と反応する事でアリシンが発生します。調理をする時には水や油でアリシンはアリルスルフィド類やメチルアリルスルフィド類に変化してさまざまな機能や効果を発揮しているのです。焼くと匂いもなくなるので、アリシンが消えるのかと思いきや、また新しく形を変え効果を発揮してくれるのです。

■にんにくの防御

元々アリシンは害虫や細菌などの外敵から身を守る為の機能です。ですので、アリシンには強力な抗菌作用や殺菌力があります。虫や細菌がにんにくをかじるとアリシンが発生しその虫や細菌を退けるのです。虫や細菌だけでなくカビや、昆虫や動物からも身を守る為の役割があるのです。

■にんにくの効果

抗菌、殺菌の効果
アリシンの効果で1番は抗菌や殺菌作用になります。数多くの研究でにんにくの強力な抗菌や殺菌の効果は認められており、ブドウ球菌や赤痢菌などの70種類以上の菌類に対して有効とされています。

食欲の増進
アリシンは消化器官を刺激して、消化機能を高める作用があると言われています。消化機能が低下をして引き起こされる症状は、にんにくを食べる事で消化機能が高まると言われています。

疲労回復
にんにくを食べると元気が出るのはアリシンが糖の代謝を促してエネルギーとなるためです。

ガン予防
アリシンを含む硫化化合物には活性酸素を除去する抗酸化作用や解毒酵素の働きを活性化させて発ガン性物質の毒性を消す作用もあります。

■効果的な取り方

アリシンは刺激によって発生する成分のため、食べる前にすりおろしたり潰したりすると効果的に摂取できます。また、油で調理するとアリシンが分解されにくい状態になると言われていますので、アリシンをしっかり摂取したいのであれば素揚げや炒め物などがいいでしょう。煮物ににんにくなどを使う場合も一度油で炒めるといいですね。そして、豚肉や緑黄色野菜などビタミンB1を多く含む食品と一緒に料理をするとさらに効果が期待できます。

しかし、様々な健康効果のあるアリシンですが、過剰な摂取はよくありません。過剰に取ったアリシンの殺菌効果は悪い菌だけを殺すのではなく、私たちの体にいる必要な菌まで排除してしまう事もあります。またアレルギーの原因となる場合もあります。

にんにくを生で食べる場合は腹痛やめまい、貧血などを起こす事もありますので1日1片くらいにしておきましょう。

■まとめ

アリシンを摂取する時の大きなデメリットは「におい」です。強力な匂いは血液中にもそのまま入り、呼吸や体臭として発生してしまうのです。ですので、においが気になるという方は食事前に牛乳を飲んだり、カテキンの効果を利用して緑茶を飲むのも効果的です。タンニンも消臭効果があるのでコーヒーもいいですね。アリシンは、デメリットもありますが健康への効果は凄いので、1日1片を目安に摂取していきましょう。

当サロンでは体の中からキレイになるために、食生活についてもアドバイスをさせていただきます。是非、37SALONへお越しください。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 健康だけじゃない!美容と薬膳の関係について

  2. リコピンの働き健康や美容効果について

  3. クロロゲン酸の働き、健康や美容効果について

  4. 食べ過ぎてはいけないその理由とは?【肥満になると起こる変化】…

  5. 免疫力低下

    肌荒れの原因は免疫力低下が原因?その対策法とは?

  6. 免疫力アップの方法

    風邪をひきにくくするための免疫力アップの方法