冷え性を改善する入浴方法とは?

美容 冷え

冷え性改善のためには、バスタブに浸かって、ゆっくりと体を温めるのも良い方法です。冷え性改善の為の入浴方法として、少し工夫をしてみるのもよいでしょう。

お風呂の温度は、39度から40度という、ぬるめの設定にしましょう。湯に浸かって、肩にもお湯をかけましょう。今度は首までお風呂につかります。首には自律神経のセンサーがある場所ですから、首も温めます。

首までお湯に浸かっての全身浴をしたら、今度は半身浴をしましょう。しばらくしたら、バスタブから出ましょう。この工程で、約15分くらいです。これは目安ですから、短時間での入浴をしたい場合は、時間を短縮しても構いません。冷え性解消の入浴方法として、塩化物泉での入浴という方法もあります。

塩分がたっぷりだと、体の全体までポカポカとあたたかくなります。お風呂から出たあとも、皮膚の表面ではお風呂で付いた塩分が結晶化をします。そのため、肌を保湿する効果も持続しやすくなるのです。温泉も良いですが、自宅でも塩化物泉は可能です。バスタブのお湯をはり、純粋に塩を入れれば完了です。

ただ、自宅のお風呂のタイプが、塩に対して使用可能かも確認をしましょう。冷え性を改善するために、ココアもサポートとなってくれます。冬になると、甘いホットココアが飲みたくなる人は多くなります。そんなココアは、健康や美容にも効果的と言う、素敵な飲み物だったのです。砂糖なしのココアを口にした時、少し苦味を感じます。

これは、ココアに含まれているポリフェノールです。抗酸化作用を持つポリフェノールは、髪の毛やお肌の老化を予防するためにも役立つ成分です。豆乳と一緒に飲めば、バストアップにもよいです。ココアは体温が下がりにくいので、冷えを抱えている人にも向いているのです。冬は特に体が冷えるので、温かいココアをのむと良いです。もちろん冷えを解消するために、夏のシーズンもココアはおすすめなドリンクなのです。

関連記事

  1. 新陳代謝を上げる食べ物

    新陳代謝を上げる食べ物とは?

  2. パサパサ髪の原因としっとり髪にする

    パサパサ髪の原因としっとり髪にするための方法とは?

  3. 甘いもの依存症

    【甘いもの依存症】砂糖が止められない理由と、克服するには?

  4. 腰痛治療

    腰痛治療!病院選びのポイント

  5. 内蔵型冷え性

    内蔵型冷え性の原因とは?その改善策は?

  6. 便秘が炭酸水に効果的な理由

    便秘が炭酸水に効果的な理由とは?