体が不調の原因を知ろう!低体温症の特徴とは?

低体温症

低体温症とは、体温が一般的の平均より35度以下に低下した場合をいい、この低体温症になることで次のような症状を引き起こします。

・風邪が引きやすくなる
・血行が悪くなり免疫力が低下、病気になりやすくなる
・基礎代謝が低下するため、太りやすくなる
・自律神経失調症
・アレルギー体質になる (花粉症、アトピー性皮膚炎など)
・生活習慣病にかかりやすくなる
・婦人科疾患にかかりやすくなる (重症の更年期障害、不妊や子宮内膜症、子宮内膜症など)
・腸内環境の悪化
・がん細胞が活発になる

体温がこのように低いだけでこんなにも色んな病気を引き起こしてしまうのです。

特に低体温から起きる病気は、風邪のウイルスなどを増やしてしまう性質を持っています。その他にも、がん細胞にも活発に働きます。がん細胞が最も活発化する体温が、35度です。

そして更に低体温は免疫力が低下しているため、対抗するだけの体力もなくなっています。そのため、がん細胞は衰えることなくますます活発になるため、低体温が引き起こす病気は計り知れません。

低体温になる理由

ではなぜ低体温になってしまうのか、その理由についてです。

体温が36.5度に保てない

一般的に理想とされる体温は「36.5度」と言われています。しかし36.5度まで体温を保つことができなく、体温調整できない方が近年多くなっています。

体温調整では、実際の体温を基準値に近づけようとする働きをしており、自律神経がコントロールしています。しかし自律神経が乱れてしまうと、体温をコントロールすることができなくなり、結果、低体温を招いてしまうのです。

食生活の乱れ、運動不足や睡眠不足

食生活が乱れていたり、運動不足や睡眠不足によっても低体温を引き起こす原因となります。

このように十分に栄養を摂取していない、運動もしなくなると、身体全体の筋肉量が減少してしまいます。そうなると基礎代謝が低下するため、低体温になります。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れ夜型の生活になると、体内時計が狂い、起きた時に体温が上がらなくなります。体内時計は体温と睡眠、ホルモン分泌をコントロールしながら1日のリズムを作っています。

しかし体内時計が狂い睡眠不足になると、体温調整機能が破たんして低体温になってしまうのです。

低体温症の治療法とは?

低体温症を改善するには、次の方法が改善策となります。

・ゆっくりお風呂に浸かる
・適度に運動して筋肉量を増やす
・体を温める(冷たい飲み物や食べ物を控える、1枚羽織る等)
・ストレスを溜めない

 

当サロンでは、最適な体温である「37℃」を目指した施術を行っております。「37℃」を目指す、頭蓋骨マッサージを行うことで、カラダのウチからアプローチします。
低体温に悩まれている方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 夕方の足のむくみ、スッキリ脚にするための解消法とは?

  2. メスの要らない美容整形

    幹細胞とは?「メスの要らない美容整形」と言われる成分の秘密と…

  3. ダイエット

    ダイエットの基本とは?痩せられない原因と痩せやすい体作り

  4. 基礎体温

    基礎体温からわかる身体の変化、正しい基礎体温の測り方

  5. 即効性のある貧血対策

    即効性のある貧血対策とは?自分でできる応急処置

  6. 髪がべたつくのはなぜ?毎日洗っても改善しない原因