ノンシリコンシャンプー、効果がある人の髪質とは?

シャンプー

最近、ノンシリコンシャンプーという言葉を聞く機会が多いですが、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーとではどんな違いがあるのでしょうか。

今回はこの2つの違いと、ノンシリコンシャンプーの効果的な使い方を紹介したいと思います。

シリコンってそもそも何?

シリコンというのは、主にコンディショナーやトリートメントに含まれています。シリコンは、指通りをなめらかにして髪の毛を摩擦などのダメージから守る働きがあり、ヘアケア製品の他に、皮脂崩れを防ぐためにシリコンオイルが配合されたファンデーションや日焼け止めにも配合されています。

シリコンは「シリコン」と呼ばれていますが、正式には「シリコーン」と表記します。シリコーンは、酸素とケイ素と有機基からなる有機化合物で、熱や光に強く、柔軟性があり、通気性が高いなど、さまざまな特長をもっています。とても安全な素材のため、日用品や食品、工業や医療の分野などで幅広く活用されています。

シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア製品にも配合されているシリコーン。その効果としては、洗髪やすすぎの際に毛髪どうしの摩擦を軽減すること、そして、つややしっとり感のような仕上がりの質感をコントロールすることなどがあげられます。

引用:資生堂

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いとは?

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは、シリコンシャンプーは、シリコンが配合されているため、シャンプーすると毛髪に対して皮膜を作ってくれます。そのため、皮膜がシャンプー後の手触りを良くしてくれたり、摩擦などのダメージから髪を守ってくれるなどの効果があります。

しかし、シリコンシャンプーはデメリットとして、頭皮までもコーティングしてしまうことで、抜け毛や頭皮トラブルにもつながることがあります。そのため、ノンシリコンシャンプーが注目されるようになったのですが、実際にそのような事実はなく、髪を洗えば毛髪に残ったシリコーンは洗い流されるため、そのまま毛髪に残ったり、毛穴に詰まることもありません。

シリコンシャンプーは、地肌や毛髪にダメージを与えるということはなく、しっかり洗い流すことで防ぐことが可能です。

そして対するノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないシャンプーですので、髪に皮膜を作りません。そのため、皮膚が荒れやすい方や肌が敏感な方でも安心して使用することができます。

しかしノンシリコンシャンプーを使うデメリットとして、ツヤを感じることが難しいことと、髪が絡まりやすくなる場合があります。ただし、髪にボリュームが出やすく、ボリューム感を出したい時やふんわり感を求めたい場合は、ノンシリコンシャンプーの方がおすすめです。ただ、シリコンシャンプーに比べると値段が少し高めの傾向があります。

シリコンシャンプーに向いている髪質とは?

シリコンシャンプーを使用するのが向いている髪質の人は、次のような髪質の方です。

・髪質が硬い
・1本1本の髪が太く、広がりやすい傾向にある
・髪が傷んでいる
・髪がべたつきやすい

シリコンシャンプーを使うことで、べたつきを抑えたり広がりがちな髪もまとまるのある髪に仕上がります。しかし肌が弱い人は控えた方がいいのと、しっかり洗い流すことが大切です。

ノンシリコンシャンプーに向いている髪質とは?

ノンシリコンシャンプーを使用するのが向いている髪質の人は、次のような髪質の方です。

・育毛を考えている
・髪のハリやコシがない
・髪型やカラーを比較的よく変える
・ふんわりとした髪型にしたい
・髪トラブルが気になる

ノンシリコンシャンプーは、頭皮への刺激が少なくてすむため、頭皮をゆっくりマッサージしてもいいでしょう。洗い上りは髪のボリュームも損なわず、それでいて髪の毛に軽やかさを出すことができます。

 

美髪になるためには、シャンプー選びは重要なポイントとなります。もしも髪について、悩み事などありましたら、お気軽にご連絡ください。
当サロンでは髪に関するご相談・施術も行っております。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 甲状腺の病気

    甲状腺の病気

  2. 妊婦の不眠

    妊婦の不眠を解消するための5つの方法

  3. 高齢者の便秘

    高齢者が便秘になる原因とは?

  4. 高齢出産、2人目は何歳から?気をつけたいリスクを考える。

  5. 目的別に見る健康食品購入の背景;美容のため

  6. 岩盤浴

    岩盤浴はデトックス効果に有効的?効率を上げる方法と注意点