そもそも冷え性は、なぜおこる?

美容 冷え

人間は体温が大きく変動するような存在ではないというのが一般的な意見ですが、血液量を変化させるような事や汗をかいたりすることで、体温を一定に保つような調節を日頃はしています。女性はホルモンバランスを調整していくのが難しいという見方もあって、冷え性になる傾向が強いというのも大きな特徴です。

一例として皮膚から直接的に寒さを感じるとすれば、血管を縮めて血液を極力全身へ流さないようにする指令を出すのです。皮膚の表面の温度がこういった現象のため低くなってしまうことから、ことで、体内の熱を外に逃がしにくくなり、冷えが継続していくような兆候が現れるのです。また寒いと自然とカラダ全体が震えることになりますが、筋肉が少なければ少ないほど熱によって補うということも厳しくなるわけです。

以上のことより、少し体を動かしてもなかなか体内が温まりにくいというのが冷え性の典型的なものであるとも言えるのです。体の体温調節がうまくいかずに苦労している方は、全身の血管の容態から知るということから始めていくのが大事です。

さらに女性は自律神経をコントロールするのが難しいというデータもあって、ホルモンの分泌量を上手に調整できるかどうかが大きなポイントになっていきます。女性特有の出産や閉経など自律神経のバランスが乱れがちになるような状況も想定できるため、結果的に冷え症へとつながるのです。手と足の先端が温まりにくく、慢性的に冷えているような感覚が継続していくならば、細心の注意を払うことが大事です。体温調節を上手くしていくことで、冷え性が起こりにくい健康的かつ美容にもうれしい女性としてのからだになっていくのです。

それから食べることで代謝をアップさせて体内を温めていくのも有りです。しょうがや唐辛子は容易に体を温めることができる食べ物に当てはまるので、該当していくならば積極的に取ることが重要です。 日々の生活で冷え性は解消できるのです。

関連記事

  1. 甲状腺の病気

    甲状腺の病気

  2. 美容 冷え

    冷え性になる原因とは?

  3. 大人ニキビ

    便秘になると大人ニキビができやすくなるって本当?

  4. 冷え症になりやすい原因

    【女性に多い!】冷え症になりやすい原因とは?

  5. コーヒーの飲み過ぎは鉄分不足を招くって本当?(ヘム鉄摂取で対…

  6. 産後の腰痛

    産後の腰痛、原因と対策【寝方のポイント】