kansaibou幹細胞培養液+成長因子コース

サロンと一緒に取り組む髪活の時代へ

「幹細胞培養液+成長因子コース」は、頭蓋骨マッサージによる頭皮のコンディションの土台を整えた後に、 幹細胞の特許技術よる抽出された高濃度培養液と成長因子を髪の毛に導入し、髪の毛の育毛を促進させるコースです。

コースの詳細

37SALON では、より髪の毛にお悩みを抱えるお客様へ成長因子(グロスファクター)に加えて、高濃度ヒト幹細胞培養液をプラスしたコースもご用意いたしました。

幹細胞培養液と成長因子との相互作用により、毛包細胞の活性化を促進し、発毛・育毛・脱毛抑制の効果が期待できます。

幹細胞培養液とは、幹細胞(細胞の元)の細胞分裂が行われた際に、分裂した細胞が同じ情報を共有出来るよう、情報交換・または細胞に指示を促す為に必要な物質のことを言います。現在再生医療の分野でも注目されている成分です。

成長因子は人の体内で作られるタンパク質の一種で、細胞の分裂・増殖をコントロールしています。この成長因子が正常に働く事で、傷の再生や肌再生、頭皮再生などが可能となります。成長因子の減少が老化の一つと考えられています。

幹細胞培養液+成長因子による施術の効果

幹細胞培養液+成長因子による施術の効果

施術内容

1.カウンセリング

  • カウンセリング
  • カウンセリングシート

最適な施術プランを立てさせていただきます。

お客様おひとりおひとりのお体の状態、現在抱えているお悩みをお聞きしながらカウンセリングさせていただきます。そして、今後どのようになりたいかご希望をお伺いしながら、今後の施術の方向性や具体的な施術内容をご相談させていただきます。

初めてのお客様には「カウンセリングシート」をご記入していただきます。体質やアレルギー、ここ1週間の間によくお召しになられる食べ物などをお聞きしながら、カウンセリングシートをもとに、お悩みの症状をお伺いしていきます。

2.ホルミシスマットに寝ていただき施術開始の準備

  • ホルミシスマット
  • ホルミシスマットの効果

栄養素が取り込みやすい頭皮の土台作りに効果的!

デトックス効果の高い遠赤外線マット、「ホルミシスマット」を利用しながら全身の主要なリンパをじっくり開いていきます。このホルミシス効果により、細胞が活性化し、疲労回復や健康効果、頭皮の土台作りが得られます。

ホルミシスマット着用効果で基礎代謝アップ!

20分間装着するだけで、体温が0.2度上がり、指先や足の付け根が特に赤く変化し、体温が上昇します。
身体を内部から温めることで、血液循環を良好にし、新陳代謝を促進、それにより自己治癒力が高まります。

3.首回りからアプローチして自律神経を整える

  • 自律神経を整える

首回りにアプローチすることで、自律神経を整えていく準備をします。

37(サンナナ)独自の理論で、首回りの『血の道』をつくり、頭蓋骨矯正を行う前段階へと進むことができます。

4.頭蓋骨マッサージ

  • 頭蓋骨矯正
  • 背中のマッサージ

4つの骨を調整しながら「頭皮環境」を整えます。

頭蓋骨は、年齢や気圧、姿勢などによって広がったりズレたりすると言われています。 そうなると、血液や老廃物の流れが滞り、発毛・育毛にとって密接な関係である「頭皮環境」が悪化します。
本サロンでは、お客様おひとりおひとりの骨格に合わせて、頭蓋骨を調整しながら、頭皮のコリを改善し、酸素や栄養素の循環、老廃物排出を促すための施術を行います。

頭蓋骨のつぼを押してあげたあと、背中のマッサージへと移ります。肩甲骨をはがすことで、血流が大幅に改善し肩こりの原因に根本的にアプローチします。また、疲労している内臓を背中からマッサージすることで刺激を与えて活性化させます。

5.脂抜きとSPAシャンプー、頭皮をアルカリ性にする

頭皮に残った老廃物や皮脂を完全に取り除きます。通常のシャンプーでは取り除けない毛穴の奥深く詰まった老廃物や皮脂、化粧品残留物を完全に取り除く事が出来る毛穴専用クレンジングを用います。また、電解還元性イオン水を用い頭皮をアルカリ性にすることで、「髪活」薬剤導入の準備をします。

6.薬剤(幹細胞培養液+成長因子)導入

従来の薄毛治療は、髪が薄くなった箇所を目立たなくするという方法が一般的でした。しかし、「幹細胞再生治療」による発毛治療では、本来ある自分の毛の細胞を作り、自ら発毛していくことを目指した治療法となります。

①先ず頭皮の温度を測ります。
頭皮温度を測ることで、血流が良いか悪いかが分かります。
つまり、正常な頭皮温度である33度~34.5度内であれば、薄毛・薄毛になる可能性は低く、30度前後になると血流が悪く、薄毛予備軍となる可能性が非常に強まることが分かるのです。

②次に髪の太さを測ります。「髪がやせる」という言葉があるように、髪が細くなるのは老化の第一歩。頭皮に栄養が十分行き届いてないと考えることもできるからです。また、自然に抜けた髪は「休止期」毛なので、他の髪と太さは変わりませんが、病的脱毛の場合、成長途中にある髪が抜けるので他の髪に比べて抜けた髪のほうが細くなる場合があります。

 

③幹細胞培養液には、幹細胞が産出するグロースファクター(成長因子)が数百種類含まれています。単一でも充分に作用が高いと言われるEGFなどはその中の一つの成分でしかありません。「天然の成長因子のカクテル」とも言える、幹細胞培養液を含む薬剤を導入します。

④薬剤の高分子成分を効果的に頭皮に補給するため、専用の導入機材を用います。
機材の「スクランブルパルス」は、一切痛みのない電気パルスです。頭皮に塗布したエッセンスの魅力を最大限に生かします。

7.足湯をしながら、アフターカウンセリング

  • 足湯

遠赤効果で足を芯まで温める

足湯は足元を温めることで、下半身の血流の流れを改善し、免疫力をアップさせることが期待できます。さらに、微量のお塩を入れることで、全身を温める効果が倍増します。
足湯の温度は「やや熱め」ですが、頭蓋骨矯正で頭に上った血流を足湯によって足先まで循環させ、更に脳に血流を戻させ、全身の血の巡りを潤滑にさせます。

8.頭皮栄養剤を塗布し、ドライ

頭皮への栄養剤を塗布したあと、ドライヤーで髪を乾かし、ご自分でお好きなスタイリングに仕上げます。

所要時間:約 2.5 時間  464,400円(税込)
所要時間:約 20 分
所要時間:約 50 分
所要時間:約 5 分
所要時間:約 20 分
所要時間:約 15分
所要時間:約 10分
所要時間:約 10分

コースに関して

毛周期である約4ヶ月を1クールとして、構成しております。 2週間間隔で10回に渡って、上記の流れで施術していきます。 施術と施術の間の2週間は、ホームケアでのご自宅でのケアを推奨しています。

施術料金

施術回数 施術料金
10回コース 464,400円(税込)

ホームケア料金

ホームケア料金 57,248 円(税抜)

内訳

種類 内容 個数 内訳料金
シャンプー イオ二ート エッセンスVシャンプーモイスト 250ml ×2 5,600円(税抜)
育毛剤 ウィルエー エクセレンスVEGFナノ 150ml ×1 7,200円(税抜)
サプリ なでしこさぷり 還元型ヘム鉄 + 醗酵 4 16,668円(税抜)
なでしこさぷり あみの酸 4 27,780円(税抜)

 

ホームケアグッズのご案内

シャンプー

低刺激、無添加、ノンシリコンのため、赤ちゃんからお年寄りまで安心してご使用いただけるシャンプーとなっております。クリームのようなきめ細かい豊かな泡立ちで、汚れを包み込みます。
天然ミネラル群が高配合なので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしくしっかりと洗い上げることができます。
250mL/2,800円(税抜)

育毛剤

毛髪皮膚科学から生み出され、VEGEをはじめとする6種の機能性ペプチドとキャピキシルを配合した進化型頭皮専用化粧水。しかも安全安心に徹底的にこだわった結果、「香料・着色料・パラペン・アルコール・石油系界面活性剤・鉱物油・オイル・酸化防止剤・旧指定成分」の髪に刺激を与える可能性のある9成分は使用しておりません。
150mL/7,200円(税抜)

サプリメント

「還元型ヘム鉄 + 醗酵」は、不足しやすいビタミンやミネラルをバランス良く配合。
「あみの酸」は、小麦ではなくとうもろこしを原料に必須アミノ酸であるグルタミンとアルギニンを中心に高配合。
どちらも身体に必要な成分をバランス良く配合した理想的なサプリメントです。
30カプセル/4,167円(税抜)
30包/6,945円(税抜)

 

37LABコース予約

  1. 2018.10.04

    美容健康ダイエットの効果

  2. 2018.10.01

    IPSコスメティック!その魅力とは

  3. 2018.09.28

    リンパマッサージは美容にも健康にも効果的

  4. 2018.09.25

    β-グルカンの働き、健康や美容効果について

  5. 2018.09.22

    アリシン(硫化アリル)の働き、健康や美容効果について

  1. 口唇ヘルペス

    2018.02.07

    口唇ヘルペスの原因と症状【再発防止策とは?】

  2. 唇のシミを消す方法

    2018.02.01

    唇のシミを消す方法【病気との関係】

  3. 高血圧で引き起こされる症状

    2018.01.25

    高血圧で引き起こされる症状とは?【隠れ高血圧】

  4. 高血圧

    2018.01.21

    高血圧の原因と身近でできる対策とは?

  5. 代謝と冷え性との関係

    2017.12.31

    体温を引き上げるメカニズムとは?代謝と冷え性との関係

コースの予約