腸内環境を整えるヨーグルト、選ぶ際の注意点とは?

ヨーグルト

腸内環境を改善するために「ヨーグルト」は欠かせない食品ですが、ヨーグルトには「乳酸菌」が多く含まれており、その中でもビフィズス菌などの善玉菌がたくさん含まれています。

そこで今回は、自分に合ったヨーグルトを選ぶ時、どんな点に注意しながら選べば、より効果的なのかをお伝えします。

ヨーグルトを食べるとどんな効果を発揮する?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、次のような効果に大きな影響を及ぼします。

・便通を促す
・免疫力を強める
・花粉症の症状を軽減
・コレステロール値を下げる
・美肌を改善
・生活習慣病の予防

しかし、乳酸菌は代謝により乳酸を産生する細菌類の総称であり、その種類は様々で、効果もそれぞれ異なります。 そのため、自分が何について改善したいのかを考えた上で、理想の乳酸菌と出会えれば、それに合ったヨーグルトを選ぶことができます。

乳酸菌の種類と特徴

スーパーやコンビニには、あらゆる種類のヨーグルトが並んでいますが、乳酸菌は200以上もの種類があります。この中から特に今、注目を集めているものを紹介します。

・LB81乳酸菌(ブルガリア菌2038株、サーモフィルス菌1131株)
LB81乳酸菌は、腸内環境を整えたり肌荒れの改善や美肌作りに作用する乳酸菌です。LB81乳酸菌で有名なヨーグルトと言えば、明治ブルガリアヨーグルト(明治乳業)などがあります。

ブルガリア菌2038株、サーモフィルス菌1131株を組み合わせた乳酸菌であり、腸内環境を整えることで便秘、肌荒れの改善効果が期待できます。

・乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)
乳酸菌シロタ株はヤクルトが75年以上研究し、乳酸菌飲料「ヤクルト」に使われている乳酸菌です。最近では、ヤクルトに含まれる乳酸菌が注目されてきています。正式にはラクトバチルス属カゼイ菌YIT9029株と言い、生きたまま腸内に到達し、腸内のビフィズス菌を増やし腸内環境を改善するという作用があります。

・乳酸菌1073R-1株
乳酸菌1073R-1株は、NK細胞を活性化し、免疫力を高める効果が高い乳酸菌です。NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞と言って、全身パトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃するリンパ球のことです。

そのため、風邪が引きにくくなったり、インフルエンザ予防に効果的です。1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトは代表的なものに、R-1(アールワン)ヨーグルトがあります。

・LG21乳酸菌
LG21乳酸菌はピロリ菌を抑制する効果があります。ピロリ菌は、胃の粘膜に住みつき保護する役割をします。そのため、痛めつけられてきた胃粘膜の修復が期待できます。

LG21乳酸菌を使用したヨーグルトは代表的なものに、明治プロビオヨーグルトLG21があります。

・KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)
KW乳酸菌は、キリンと小岩井が共同研究を行い発見された乳酸菌であり、アレルギー症状の改善、免疫力の強化が期待されています。正式にはラクトバチルス属パラカゼイ菌KW3100株と言います。

KW乳酸菌を使用したヨーグルトは代表的なものに、小岩井乳業のプラズマ乳酸菌があります。

ヨーグルトを食べるベストタイミングはいつ?

ヨーグルトを食べる時は新鮮なうちに食べる方がより効果を高めることができます。というのは、時間が経てば経つほど、乳酸菌の数が減ってしまうからです。

便秘解消なら食後がおすすめ

もしも便秘気味なら空腹時に摂るよりも、食後の胃酸が薄まっているときに食べる食後の方が効率的といえます。なぜなら、空腹時だと、せっかくの乳酸菌が胃酸や胆汁によって死滅させられてしまうからです。食後に摂ることで、生きた乳酸菌を腸まで届けられるのです。

ダイエットなら食前がおすすめ

ダイエットは食前にヨーグルトを摂るのがおすすめです。食前にヨーグルトを食べることで、おなかが膨れ、その後の食事の量を減らすことができるためダイエット効果につながります。

また摂取する時間帯は、特に決まりはなく、都合のいい時に摂ればいいでしょう。仕事場での昼食時に摂っても問題ありません。大事なのは、毎日続けることです。

 

当サロンでは、基礎代謝を上げることで、新陳代謝を促進、体のターンオーバーを整え、便秘を改善することが可能な施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. シミができる原因とは?(シミのメカニズム)

  2. 唇のシミを消す方法

    唇のシミを消す方法【病気との関係】

  3. 肌荒れにならない日頃のお手入れの方法

  4. 汗の臭い

    汗の臭いを抑える5つの対策

  5. 口臭、あなたは大丈夫?原因と対策

  6. ダイエット

    ダイエットの基本とは?痩せられない原因と痩せやすい体作り