意外と多い!男性よりも女性のワキガ、なりやすい人の特徴とは?

女性のワキガ

ワキガになりやすい人は、男性の方が多いと思われやすいですが、実は女性も悩んでいる人が多いのです。

なぜなら、個人差はありますが、女性は男性に比べてアポクリン腺の数が多く、出産や月経のある女性にとってアポクリン腺はホルモンとの影響も大いに関係していることが考えられるからです。

今回は、女性のワキガの特徴と、対処法についてご説明します。

女性のワキガ体質!なりやすい人とは?

女性は男性に比べると、圧倒的に臭いが気になります。そのため、臭いにとても敏感ですが、男女比のワキガの割合はおおむね「6:4」で女性の方が多いと言われています。

ニオイの原因を作るアポクリン腺の数が女性の方が多い

冒頭でお話ししたように、女性のワキガが多い原因の一つに、アポクリン腺の数が多いことが考えられます。

アポクリン腺の数は女性でも個人差があり、大きさもまちまちです。数が多く大きいと、分泌される汗の量も増えてくるため臭いやすくなります。

皮下脂肪が多い女性の方

女性は男性よりも皮下脂肪が多く、つきやすいのが特徴ですが、皮下脂肪が多いと汗もかきやすくなります。汗は出したときに必然的に体温調整をしてくれる働きがありますが、皮下脂肪が多いと熱の放射を遮ってしまうため、熱の行き場がなくなり、ニオイをより多く発するようになるのです。

そのため、痩せている人に比べて太っている人の方が臭いが強いと言われます。

女性ホルモンの影響

女性は女性ホルモンのバランスによってワキガとも大きく影響しています。

特に生理の前後は女性ホルモンの分泌が増加し、アポクリン腺が刺激されることが知られています。また、排卵日前後になるとワキガがきつくなるという女性もいます。

また、ホルモンバランスが変化する妊娠中も体臭が強まることがあると言われています。

ワキ毛の処理をしていない

ワキ毛の脱毛をしていない人は、脱毛をしている人よりもワキガになりやすいようです。ワキ毛があることで、アポクリン腺の汗がワキ毛に絡みやすく、より雑菌の繁殖を招いてしまいます。

もしもワキ毛処理をしていないのであれば、まずはワキ毛の処理をしてみることが必要です。

ワキガ体質かどうか、見分ける方法

耳垢

自分がアポクリン腺の数が多く、においやすい、ワキガ体質かどうか見分けるには次のような方法があります。

・耳垢が湿っている
・親がワキガ
・毛が太い、濃い
・多汗症の症状がある
・服の脇の部分が黄色く汗染みている
・ストレスを溜め込む人

耳垢が湿っている人全員がワキガに必ずしもなるわけではありませんが、少なくとも耳垢が乾いた人よりもワキガの人の割合は多くなります。なぜなら、ワキガの原因となるアポクリン腺は耳穴にも存在します。

そのため、ワキガ体質の人の耳垢はねっとりしていて湿っています。逆に耳垢がカサカサで色も白っぽい人は、ワキガになりにくいでしょう。しかし、これは一つの指標であり、必ずしも当てはまるとは言い切れません。

また女性は脇毛の量が多い人や、一つの毛穴から数本の毛が生えている人はワキガになりやすい体質の人の割合が高くなります。男性では細くてやわらかい人がワキガになりやすいようです。

遺伝的なものには、父親・母親のどちらかがワキガの場合の確率は50%、両親ともにワキガの場合の確率は約75~80%になると言われています。実家暮らしでワキガのにおいに鼻が慣れてしまい、自分も家族もワキガであることに気が付いていないこともあります。

 

当サロンでは、基礎代謝を上げるなどの、それぞれのお悩みに合わせた施術を行っております。それにより、「臭う汗」をかかず、無色無臭の汗をかく習慣をつけることができます。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. ほうれい線を改善する

    ほうれい線を無くす方法、たった3つの生活習慣を見直すだけ!

  2. 便秘と美肌

    便秘と美肌の密接な関係

  3. 顔が大きい人の原因

    顔が大きいのは骨格のせい?4つの原因と改善法とは?

  4. ヨーグルト

    腸内環境を整えるヨーグルト、選ぶ際の注意点とは?

  5. 原因はストレス?女性の円形脱毛症!【特徴と対策法】

  6. 美容 小顔

    小顔になるための必要なポイント