紫外線対策の方法は?(肌を守る方法)

気になる紫外線

気温も暖かくなってきて、外へ出かける機会も多くなりました。そんな時に気になるのが紫外線です。近年になって紫外線は肌へのダメージが非常に大きいことが分かってきました。何も対策をしないまま外へ出てしまうと様々な肌トラブルの原因となります。また皮膚ガンの原因にもなると言われています。

今回は紫外線対策について紹介します。しっかりと紫外線対策をして肌を守っていきましょう。

◯日焼け止めクリームを塗る

紫外線対策といえば、まずは日焼け止めクリームですね。日焼け止めには、効果の高さの目安となる『SPF』『PA』などの値が記されています。SPFはシミや皮膚ガンの原因となる紫外線B波、(UVB)をカットする力を示し、PAはシワやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)の防止効果を示したものです。

数値はとりあえず高いもののほうがいい気もしますが、肌に普段もかかってしまいますので、日常生活であれば、SPFは30、PA+++程度の数値で十分です。ただレジャーなどで炎天下に長時間いる場合は、紫外線防止効果が高いPA+の数が多いものを使用したほうがいいでしょう。状況に応じた日焼け止めを選ぶようにしてください。

日焼け止めはムラなく丁寧に塗るようにしましょう。日差しの当たりやすい顔と腕は特に念入りに塗るようにしましょう。首や耳、二の腕などは日差しが当たらないと思われがちなので、忘れずに塗るようにしてください。

またSPFやPAの数値以上に重要なのはこまめに塗りなおすことです。朝から一日中効果が続くというものはありませんので、一度塗っただけで安心せず、こまめに塗り直して紫外線対策をしてくだい。

◯メイクアップで紫外線対策

長袖を着るなどして体は紫外線をふせぐことができます。しかし顔は前面に出ています。日焼け止めだけ塗っておけば大丈夫だと考える人もいますが、日焼け止めだけでは紫外線を防ぐことが実際には難しいです。
パウダーファンデーションやフェイスパウダーには紫外線散乱剤と似た働きがありますので、ファンデーションも合わせて使用して、紫外線対策をしてください。汗などでファンデーションも落ちてしまいますので、こまめな塗り直しをすることも大切です。

◯紫外線対策グッズを使用する

天気がよく日差しが強い日は紫外線が強い日と思う方は多いですが、曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。また1日のうちで一番紫外線が強い時間帯は正午頃です。その時間帯に外出をするのであれば、紫外線対策をしっかりとする必要があります。外出時はできるだけ、日傘や帽子、サングラスの着用をするようにしましょう。紫外線と素肌の間にワンクッション置くことで、ダイレクトに影響を受けないのでダメージを最小限に抑えることができます。

UVカット効果のあるカーディガンを羽織るなどして、日焼けをしやすい腕に直接日差しが当たることを防ぎましょう。また長時間外にいる場合はUPF50+などの表示があるものを選んで身につけてください。

まとめ

紫外線対策についてご紹介しました。紫外線は肌にダメージを与え、シワやたるみの原因になるものにはなりますが、紫外線を全く浴びない生活がいいかというとそうではありません。体内時計を調整する役割を持っていたり、太陽を浴びることで人間の体内ではビタミンDが作られます。ビタミンDが不足すると骨が弱まったり、貧血を起こすこともあります。なにがなんでも紫外線を防ぐことを考えたり、敏感になりすぎるのではなく、無理せずできる範囲内で紫外線対策をしてみてださい。

この時期から大量に降り注ぐ紫外線、37SALONでは紫外線対策についてアドバイスさせていただきます。是非、当サロンへお越しください。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 舌磨き

    舌が原因で口が臭う?【注意!舌磨き】

  2. 猫背の人は胸が小さい

    猫背の人は胸が小さい?姿勢を正すだけでバストアップするワケと…

  3. ダイエットと便秘

    なぜダイエットをすると便秘になってしまうの?

  4. 乾燥肌対策

    身近にできる乾燥肌を対策する方法

  5. チョコレートの選び方

    美容効果がアップする、正しいチョコレートの選び方

  6. 健康と美容の関わり方