コンシーラには頼らない!クマやくすみをなくして透明肌になるには?

クマやくすみをなくす

外出先で、ふとした時に鏡をのぞき込んで見ると、思った以上に目の下にクマが出来ていた、なんてことありますよね。でも、早く対処したいのに、巷にはいろいろな情報や商品があふれていて、どうすれば良いか迷ってしまいます。

今回は、そんなクマやくすみをなくす方法についてご紹介したいと思います。

クマやくすみの原因とは

一口にクマと言っても、その種類や原因は一つではありません。よく言われるのは、血行不良や目の下の皮膚が薄いことで起きる「青クマ」皮膚を擦りすぎて薄いアザのようになってしまった「茶クマ」目元のたるみが原因で影ができる「黒クマ」の3つです。

茶クマは色素沈着が起こりやすい

「茶クマ」は、摩擦による色素沈着なので、目のかゆみやお化粧で、やたら目の周りを触っている人は要注意です。
茶クマ
目の周りの皮膚はとてもデリケートなので、他の肌より色素沈着が起こりやすいので、気をつけましょう。

茶クマは一番対処が難しい

「黒クマ」は、加齢などによってたるんだ目元から影が出ている状態です。
黒クマ
3つのクマの中では、一番対処が難しい「黒クマ」ですが、アンチエイジングケアの美容液を使ったり、目元をハイライトで飛ばしたりするのが有効です。

青クマは一番悩んでいる人の確率が高い

そして、一番悩んでいる人が多いのが「青クマ」です。
青クマ
「青クマ」とは、血行不良により、目の下の薄い皮膚がくすんで見えてしまう状態です。また、普通でも目の下は皮膚が薄いのに、人よりもさらに皮膚が薄く、慢性的な「青クマ」に悩まされている人もいます。徹夜明けなどで出る場合もこの「青クマ」なので、眠るなどして休めば消える時もあります。

原因は主に血行不良なので、温めたり、少しマッサージするのが有効です。しかし、強くマッサージすると、今度は「茶クマ」の原因にもなりますので、注意が必要です。指の腹で目の周りを少し温めるくらいの気持ちで、優しくマッサージしましょう。

クマやくすみを改善するには?

クマやくすみをなくす
ひと通りの対処法を試してみても、クマもくすみも消えてくれない時、助けになる一番のものは、それらを隠してくれるメイクです。コンシーラーや、ハイライトにも使えそうなカラーやお粉を目の下に塗り、クマを隠してしまいます。

また、化粧品売り場で販売している、アイクリームなどが有効な場合もあります。血行を良くしてくれたり、ハリやツヤを足してくれるものなどがあります。また、目の周りの保湿に気を配るのも良いでしょう。

しかし、これらの対処は一時的で、結局は気休めにしかならなかったりします。クマの原因であるその根本は、疲れやストレスで、対処すべきはそこなのです。

クマのせいで、疲れたり老けたりして見える、とお悩みかも知れませんが、疲れているからこそクマが出来ているのです。疲労は、体への負担から出るものだけではありません。睡眠では取れない疲れもあります。心のストレスが疲労感を生み出し、それも目のクマの原因となるのです。

好きなことに一人で打ち込んだり、気の置けない友人と会って話したり、気の済むまでぼーっとしてみたり、してみてはいかがでしょうか。

リラックスして、リフレッシュできる時間を持てば、心身ともに健康を取り戻し、クマも消えてなくなるはずです。また、元気ハツラツであれば、少しくらいクマがあっても、顔立ちは明るくより美しく見えます。

クマを消そうとして色々と試したり、頑張るよりも、こちらの方が近道かも知れません。

しつこいクマには、メイクで隠すことや、アイクリームの力を借りる方法もあります。しかし、一番の根本的な解決方法は、クマの一番の原因である「疲れ」を癒すべく、リラックスした時間を持ち、リフレッシュすることに尽きます。

 

当サロンでは、「ソト」からの美肌を目指すとともに、「ウチ」からのキレイも目指した施術、いわゆる37℃の体温の施術を目指した施術を行っています。体温を上げることで基礎代謝が上がり、老け顔も改善されてきます。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 美容 小顔

    小顔になるための必要なポイント

  2. 女性のワキガ

    意外と多い!男性よりも女性のワキガ、なりやすい人の特徴とは?…

  3. 乾燥肌

    便秘が原因で乾燥肌になる?

  4. 肌荒れにならない日頃のお手入れの方法

  5. 肝斑の症状

    肝斑の症状について

  6. 乾燥肌対策

    身近にできる乾燥肌を対策する方法