化粧水や乳液、美容液の違いとそれぞれの役割とは?

スキンケア

何気なく使っている化粧水や乳液・・・「化粧水は肌に潤いを持たせるために使うんでしょ?」「乳液はその化粧水にフタをするため」それくらいは何となく分かりますよね?

上記の役割は間違いではありません。しかし年齢とともに、更に磨きをかけたいのであれば、それぞれの役割をきちんと把握し、役割に合った使い方を行うことが大切です。スキンケアで基礎化粧品を使う順番には、きちんとした意味があるのです。

今回はスキンケアを行う役目と意味を紹介します。

スキンケアで基礎化粧品を使う意味と役割

基礎化粧品を使う順番は既にご存知でしょうが、次のようになります。

① クレンジング
② 洗顔料
③ 化粧水
④ 美容液
⑤ 乳液・クリーム

① クレンジングは必要な脂分までも落とし過ぎないこと!

クレンジングにおいて、大切な役割はメイクの汚れを取ることにあります。汚れが十分に取れていないと、汚れが毛穴に詰まり、黒ずみやニキビといった肌荒れの原因にもなります。

しかし、メイクや油性の汚れを落すことができるのは、「油性」の成分が必要です。つまり、クレンジングの中には、油性の汚れと水分とを混ざり合わせる「界面活性剤」という成分が入っています。

この「界面活性剤」はちょうど食器洗い洗剤にも入っている同じ成分です。そのため、「界面活性剤」がたくさん入っているクレンジングは確かに汚れは取れるかもしれません。しかし、必要な脂分までも取ってしまい、乾燥肌や肌荒れにつながってしまうケースもあります。

クレンジングを使用するのに一番大事なことは、メイクの汚れを取りながら、必要な脂分も残し肌に潤いを保った状態にしておくことです。

② 洗顔は洗顔のしすぎに注意!

洗顔料の役割は、主に次の2つあります。

・顔に付着している汚れをとる
・余計な角質を取る

クレンジングはメイクなどの油性の汚れを落とすのに対し、洗顔料は顔に付着している汗やあか、そして古い角質などの水性の汚れを落とす役割があります。

肌は得に何もしなくても、チリやホコリが付いたり、タバコの煙や排気ガスなどの汚れや、汗などの汚れが毛穴に詰まります。洗顔料はそんな汚れを洗い流してくれます。

ただしこちらも、クレンジングと同様、洗顔しすぎないことが大切です。洗顔しすぎることで、肌の脂分がなくなり、結果、老化を招いたり肌トラブルを起こしかねません。洗顔するときは、しっかりと泡立て、泡を肌の上に滑らせるように洗うことで、肌に負担をかけることなくやさしく洗顔することができます。

洗顔料は、肌にうるおいを与えてくれるヒアルロン酸、また、コラーゲンなどの保湿成分がたっぷりと配合されているものがおすすめです。

③ 化粧水は失われた水分を補給し潤いを与えてくれる

化粧水

化粧水は肌に水分を与えてくれる役割があります。もちろんうるおいも与えてくれます。

洗顔した後というのはもっとも肌が乾燥しています。それを化粧水によって、失われた水分を補給し、肌の調子を整えてくれます。そのため化粧水は洗顔後すぐにつけるのがポイントになります。

洗顔した後は、時間が経てば経つほど化粧水の肌への浸透率は下がります。

肌は乾燥していると、しわやニキビの原因にもなります。また、乾燥することでハリもなくなり、ターンオーバーの働きも悪くなるため、シミの原因にもなります。肌の乾燥は、あらゆる肌の悩みにつながるといってもいいでしょう。

そのためにも、洗顔をしたらすぐに化粧水で肌を保湿してあげることで、エイジングケアの予防にもつながります。

④ 美容液は肌の角質層まで有効成分を届けてくれる

美容液の役割には、肌への浸透力を保ち、有用成分を肌の角質層まで届けることにあります。

そして美容液には、美白や、ニキビのケア、保湿効果や、アンチエイジングなど、様々な種類がありますが、その美容液は一般的には保湿成分が濃縮されていたり、美容成分が配合されているため、言わば栄養を与えてくれる肥料のような役目をしてくれます。

化粧水で十分肌に水分を与えてあげることで、美容液の有効成分をしっかり届けてあげることができます。

⑤ 乳液・クリーム

乳液やクリームは、化粧水や美容液で取り入れた有効成分が外に逃げてしまわないように「ふた」をしてくれる役割があります。

乳液やクリームをつけなければ、肌の水分はどんどん失われます。せっかくの化粧水も美容液も浸透することなく、外に逃げていってしまいます。こういったことを抑えるためにも、乳液やクリームには油分が配合されているのです。

そして乳液とクリームの違いは、水分量が多いのが「乳液」であり、油分量が多いのが「クリーム」です。通常ならば、乳液だけで油分を補うことができると思いますが、乾燥肌の方や、冬など特に乾燥しやすい時期などは、乳液の後にクリームを利用するダブル使いもおすすめです。

 

当サロンでは、「ソト」からの基礎化粧品で美肌を目指すとともに、「ウチ」からのキレイを目指した施術、いわゆる37℃の体温の施術を目指した施術を行っています。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. ダイエットと便秘

    なぜダイエットをすると便秘になってしまうの?

  2. 便秘と美肌

    便秘と美肌の密接な関係

  3. 正しいシャンプーの選び方

    美髪になるための正しいシャンプーの選び方

  4. 炭酸風呂の作り方と効果【美肌効果もバッチリ!】

  5. 衝撃の事実が!これであなたも美白になる

  6. ハチミツの驚くべき美容効果

    ハチミツの驚くべき7つの美容効果とは?