【朝行うスキンケア】美肌に有効な朝美活とは?

朝美活

あなたは朝のスキンケアを、どんな順番で行っていますか?朝のスキンケアは、1日化粧をしてダメージを受けたり、1日外で紫外線を浴びたりと、「肌がこれから戦ぞ!」という準備でもあり、肌をしっかり守ってあげる為のものです。

そのため、もしも十分なケアをしていないな、怠っているな、と思うようなところがあれば、一度、朝のスキンケアを見直して見ましょう。今回は、正しいスキンケア順番を行い、朝美活をする方法をご紹介したいと思います。

美肌に有効な朝美活とは?

スキンケアを行うには、次のようにそれなりの正しい順番があります。

①洗顔
②ローション
③エッセンス
④乳液
⑤下地(UV)

①洗顔

寝ている時に、化粧なんてしていないから洗顔をしなくていい、肌は汚れていないから洗顔をしない、などど思っている方はいませんか?
洗顔
実は寝ている間だけでも肌はホコリが付いたり、皮脂も出ているため、自分が思っている以上に肌は汚れているのです。夜にスキンケアを十分したのに、朝起きたらニキビが出来ていた!なんて事も過去に経験ありませんか?

また、私は乾燥肌だから朝は洗顔をしない、という方も、実はしっかり洗顔をした方がいいのです。洗顔をしないまま、ローションからつけたとしても、ファンデーションのノリは悪くなります。なぜなら、ローションは毛穴に詰まった皮脂をしっかり取り除いてくれるからです。そして、ローションをつけた時で肌にしっかり浸透するからです。

朝の時点で、肌に不要な「皮脂」と「汚れ」を洗顔できちんと落としましょう。32度くらいのぬるま湯で洗い流すのがベストです。ただし、シャワーは刺激が強く肌に刺激がありますので、あまりおすすめは出来ません。モコモコのたくさんの泡で洗いのが良いです。その時にも手で擦るのではなく泡で肌をやさしく洗います。

②ローション

肌の汚れが落ちたら必ずローションで保湿をしましょう。肌の正面の水分を増やす事により、次に入れるエッセンスやミルクの浸透もより一層アップしてくれます。
ローション
時間のある方は、朝にローションでコットンパックをするのもおすすめです。化粧前にパックをする事で、毛穴もふっくらさせて化粧ノリも更に良くなります。パックも長時間しても意味がないので10分間ほど浸透させましょう。(朝時間の無い方は夜でも大丈夫です。夜にやっても効果はありますので、時間の余裕のある時にやってみましょう。

③エッセンス

朝もエッセンスをしっかり肌に浸透させましょう。化粧をして、外に出た時に肌には「乾燥」と「紫外線」という2つの刺激がきます。その刺激から守る事が出来るのがエッセンスです。

④乳液

乳液は、肌の中の保湿成分が乾燥してしまわないように、肌に閉じ込める為の役割をします。
乳液
化粧水やエッセンスを浸透させても、乳液をつけなでいると乾燥してしまいます。逆に保湿成分が乾燥をするタイミングで、肌本来の水分までも乾燥してしまう事もありますので、必ずローションなど、保湿をしたら乳液を塗るようにすることが大切です。

⑤下地(UV)

日焼け止めは必ずつけましょう。

5月〜9月は一年で最も紫外線が強い時期です。1日の日照時間も長いので日焼けをする時間も長くなります。だからといって、5月〜9月の期間のみだけ、日焼け止めを使用するのではなく、冬の寒い時期も紫外線は降り注いでいたり、曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいます。そのため一年中日焼け止めクリームは必要です。

また、家に居るからといって、安心するのは禁物です。洗濯を干す時に、外に出たタイミングや窓から入ってくる光にも紫外線は降り注いでいますので、注意しなければなりません。紫外線は肌の老化を引き起こします。シミやシワだけでなくたるみの原因にもなりますので、乳液をつけた後、メイクをする前は必ず下地を使用するようにしましょう。

普段当たり前にしているスキンケアですが、間違った方法でスキンケアをしていると肌を痛めてしまう事もあります。しっかり朝にスキンケアをする事によって、化粧ノリも良くなり、一日の肌トラブルはなくなります。基本的な事なのでしっかり見直してみましょう。朝のスキンケアは美活の第一歩です!

 

当サロンでは、「ソト」からの美肌を目指すとともに、「ウチ」からのキレイも目指した施術、いわゆる37℃の体温の施術を目指した施術を行っています。体温を上げることで基礎代謝が上がり、ホルモン関係・肌状態も良好になります。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 口唇ヘルペス

    口唇ヘルペスの原因と症状【再発防止策とは?】

  2. 夕方にくすむ原因

    夕方にくすむ原因!年々くすんで見えるのはなぜ?

  3. ダイエットと便秘

    なぜダイエットをすると便秘になってしまうの?

  4. 紫外線対策の方法は?(肌を守る方法)

  5. クロロフィルの働き、健康や美容効果について

  6. 顔が大きい人の原因

    顔が大きいのは骨格のせい?4つの原因と改善法とは?