大人ニキビと思春期ニキビの違いとそれぞれの特徴とは?

ニキビ

あなたは、かつてニキビに悩んでいた時期はありましたか?

思春期にニキビに悩んでいたという人は多いですが、それが、大人になってからもニキビができ始め、またニキビに悩むのか、と憂鬱になってしまっている人も多いことでしょう。

今回は、思春期ニキビと大人ニキビとの違いと、それぞれの出る特徴についてご紹介したいと思います。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人のニキビは、思春期ニキビとは違って、別名「吹き出物」と呼ばれているのは有名だと思いますが、対策や原因も思春期の頃にできたものとは異なるということをご存じでしょうか。

そのため、2つのニキビの原因を知った上で、適切な対策をするようにすることが大切となります。

思春期ニキビの原因とは?

思春期ニキビは、過剰に分泌された皮脂が原因で起こります。

10代の頃は成長ホルモンなどが活発になり、皮脂分泌が過剰になります。皮脂が過剰になってしまうと、毛穴からの皮脂の排出が追い付かなくなります。そして、毛穴詰まりが起き、アクネ菌が増殖しやすくなります。

アクネ菌の増殖が強くなると、赤い炎症性のニキビになります。

思春期ニキビができやすい場所は、額から鼻にかけてのTゾーンや、こめかみや頬骨のあたりで、皮脂分泌の多いところにできやすいのが特徴です。

大人ニキビの原因とは?

一方、大人になってからの大人ニキビ(吹き出物)は、さまざまな原因が考えられるため、複雑です。

そのため、原因は特定しにくいのですが、ストレスによる男性ホルモンの分泌や生活環境の悪化、睡眠不足や偏食、飲酒や喫煙などが主な原因だと考えられていることが多く、生活習慣が悪いと、肌のターンオーバーが乱れ、肌本来のバリア機能も低下、異常角化を招いてしまうため、ニキビだけでなく、シミやシワ、毛穴の開きや色素沈着などの肌トラブルにもつながっていきます。

このターンオーバーというのは肌の生まれ変わりの周期のことで、このリズムが乱れると古くなった角質が溜まったままになってしまいます。また、化粧品やメイクによる毛穴詰まりなども原因と言われています。

そして、大人ニキビができやすい場所は、あごや口の周りやフェイスラインなどの、フェイスラインなどの皮脂分泌の少ない場所にもできてしまうのが特徴です。

大人ニキビと思春期ニキビ、改善するには?

大人ニキビと思春期ニキビ、どちらの場合もスキンケアに十分に気を付けなければいけないのは当然のことです。

そのためには、まずはその年代に合わせた化粧品がさまざまなメーカーから発売されていますので、自分の年齢や肌状態にあった化粧品などを使用して、肌の状態を整えるようにすることが重要です。

しかし、自分で判断したり、肌の調子を整えていくことに限界を感じたら、早めにクリニックなどに行って医師に相談する事をおすすめします。

 

当サロンでは、「ソト」からの美肌を目指すとともに、「ウチ」からのキレイも目指した施術、いわゆる37℃の体温の施術を目指した施術を行っています。体温を上げることで基礎代謝が上がり、ホルモン関係も良好、肌代謝もアップされます。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. クロロフィルの働き、健康や美容効果について

  2. シミができる原因とは?(シミのメカニズム)

  3. 舌磨き

    舌が原因で口が臭う?【注意!舌磨き】

  4. 髪が抜けるメカニズム

    髪はなぜ抜けるの?髪が抜けるメカニズムとは?

  5. 下半身デブ

    猫背の原因となる5つの生活習慣とは?

  6. 乾燥肌対策

    身近にできる乾燥肌を対策する方法