唇のシミを消す方法【病気との関係】

唇のシミを消す方法

あなたは、シミは肌しか出来ないと思っていませんか? 

リップを塗っていればわからないかもしれませんが、実は、唇にもシミはできます。シミが出来ると肌はもちろんですが、実年齢より老けて見えます。女性には大敵なシミです!

今回は、そんなシミを消す方法をお伝えしていきます。もしかしたら唇のシミで病気も判明してしまうかもしれません!

唇のシミの原因は?

シミの多くの原因は、紫外線が関係していると言われています。唇は肌とは違い、無防備な場所なのです。
唇のシミ
肌はUVケアやファンデーションなどを塗って紫外線をカットしたり、UVカットの出来る口紅などありますが、話をしたり食べたりする事によって落ちやすくなります。そして、唇には皮脂腺がないため、紫外線を防ぐバリア機能がありません。

そのため、紫外線の影響を受けやすくなってしまうのです。紫外線を受ける事によってメラニン色素が発生します。それがシミの原因なのです。お肌と同じ仕組みです。

化粧品によっても影響を受ける場合もあります。しっかりクレンジングをしないで口紅を落とさない方は、そこから口紅が残り唇に色素沈着します。そして、そこから紫外線に当たり、シミにもなりやすいため、口紅を塗る方はしっかりクレンジングで落とすようにすることが必要です。

唇にもターンオーバーってあるの?

通常、皮膚のターンオーバーは28日周期と言われています。28日でお肌は入れ替わっていきます。

では唇は肌と同じように、肌の入れ替えを行うためのターンオーバーはあるのでしょうか。唇には、角質層がなく、表皮層も少ないです。そのため、ターンオーバー自体ははありますが、5日というとても短い期間で入れ替わっています。

そのため、シミが出来てしまったと思っていても、いつのまにかなくなってしまっている!という事も珍しくはないのです。しかし、一度出来たシミはなくなりずらいためしっかりケアをする事、メイクをしっかり落とす事を心がけるようにすることが大切です。

唇のシミ、予防の仕方

では、普段からどのようにすればシミを作らないようになるのでしょうか。シミを作らない健康で美しい唇を作るには、まずは、日焼け止めが入っているリップクリームを利用しましょう。
唇のシミ
今使用しているリップクリームにUVカットの効果はありますか?UVカット効果のあるものを利用する事によって、日焼け対策が出来ます。口紅にも入っているものもありますが、つける前にリップクリームでしっかり下地でUVカットしましょう。

口紅を塗らない時でも、外は紫外線が冬でも曇りでも降り注いでいます。そのため、UVカットリップクリームは必ずつけるようにしましょう。

また、口紅をつけた時は必ず落とすようにしましょう。アイメイクやファンデーションなどは落とすのですが、口紅は忘れがちです。口紅やグロスをしっかり落とさないと、口紅の成分が唇に残ってしまいます。唇の皮膚は薄く敏感です。しっかりクレンジングで落とすようにしましょう。

その時に落とさないと、思い、強く擦るのもよくありませんし、強いクレンジングも刺激があってよくありませんので、注意しなければいけません。

唇のシミ、病気の可能性もある?

唇のシミを消す方法
唇に出来たシミは、紫外線や摩擦だけが原因でない場合もあります。悪性のホクロの可能性もありますし、シミの場合は内臓の病気になっている場合もあります。そのため、鏡を見て唇のシミを一度チェックしてみることが必要です。

唇のホクロやシミの病気の場合は、皮膚ガンや腸のポリープの可能性もあります。ホクロの場合は30代以上の方は注意しましょう。判断基準としては、7ミリ以上の大きさで、濃いホクロやシミが出来たら皮膚ガンの可能性があります。

そして、直接のホクロシミではありませんが、腸にポリープなどがある場合に唇にホクロやシミがで出る事もあります。そして、口の中にも斑点系のモノも出ます。もし気になるシミやホクロがあれば、合わせて口の中も確認して見ましょう。

唇が美しいとステキな女性に見えますよね。唇のケアは自宅でも簡単に出来ますので、毎日プルプルになるようにお手入れしましょう。

そして、シミの場合も毎日のケアやUVクリームを使う事によってもシミを防ぐことが出来ますので先ずは対策が必要です。

 

当サロンでは、「ソト」からの美肌を目指すとともに、「ウチ」からのキレイも目指した施術、いわゆる37℃の体温の施術を目指した施術を行っています。体温を上げることで基礎代謝が上がり、ホルモン関係も良好、肌代謝もアップされます。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 衝撃の事実が!これであなたも美白になる

  2. 原因はストレス?女性の円形脱毛症!【特徴と対策法】

  3. スキンケア

    化粧水や乳液、美容液の違いとそれぞれの役割とは?

  4. クマやくすみをなくす

    コンシーラには頼らない!クマやくすみをなくして透明肌になるに…

  5. 女性のワキガ

    意外と多い!男性よりも女性のワキガ、なりやすい人の特徴とは?…

  6. 便秘と美肌

    便秘と美肌の密接な関係