肝斑の症状について

肝斑の症状

肝斑とは、皮膚の色素が増えることによって生じる色調の変化のことで、シミの一種です。30~40歳以上の女性に多く見られ、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいと言われています。

このページでは、肝斑とはどんな症状なのかについて詳しく紹介したいと思います。

肝斑の症状、シミとの違い!見分ける方法とは?

肝斑になるのは圧倒的に女性が多いことから、女性ホルモンが原因の1つと考えられています。
肝斑
紫外線が当たりやすい部分で発症しやすい点と、紫外線をあびることで症状が悪化することから、紫外線も原因の1つと考えられています。また、ストレスも関係していると言われています。しかし、肝斑が現れるメカニズムについては完全に解明されていないのが現状です。

肝斑とシミ、いったいこの2つはどのような違いがあり、どうやって見分けたらいいのでしょうか。見分けがつかなく、症状を悪化させてしまったという例もあるほどです。

肝斑は主に次のような特徴があります。

・大きさと形はさまざまで、発症部位が丸くない。
・境界明瞭な淡褐色斑が額やほほ、 頬骨部、口囲に左右対称性(両側性)にできる。
・成年女性に多いが、高齢になるにつれ軽減することもある。
妊娠や経口避妊薬(ピル)服用時などでできやすくなる。

 
そして、シミは様々な種類があります。

紫外線が原因で生じる日光性黒子というシミや、小さな茶色の色素斑が広がるソバカスもシミの1種です。肝斑の一般的な症状では、シミが両頬や額、下顎や上口唇のあたりに左右対称に広がるように生じます。

目の周りにできないのが特徴で、日光性黒子やソバカスのように点として見えるシミとは違い、面として広がったシミに見えます。シミの境界がぼやけていてはっきりせず、そのせいで顔色が悪く見えることもあります。
寝不足
一般的に顔色が悪い場合、ストレスや疲労、睡眠不足が原因ですが、中には肝斑でそう見えていただけだったというケースもあります。経口避妊薬の服用中や妊娠中に現れる場合もあり、季節によってシミの濃さが変化することもあります。

妊娠中に現れる場合、妊娠2~3カ月頃から現れることが多く、次第に色が濃くなっていきます。出産後に消えていくこともありますが、長期間残ってしまう場合もあります。

このように様々な症状があげられますが、専門家でも肝斑と他のシミを判別することは困難です。他のシミと合併して現れている症例も多く報告されており、顔に現れたシミが気になる場合は素人目で判断しないようにしましょう。

安易にレーザーなどで取ろうとすると悪化する可能性があるので、専門医に相談し自分のシミがどの種類なのかを見分けて、適切な治療を受けることが大切です。

 

当サロンでは、「ソト」からの美肌を目指すとともに、「ウチ」からのキレイも目指した施術、いわゆる37℃の体温の施術を目指した施術を行っています。体温を上げることで基礎代謝が上がり、ホルモン関係も良好となります。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 舌磨き

    舌が原因で口が臭う?【注意!舌磨き】

  2. 口が臭い

    口が臭い!キツイ臭いの4つの共通点とは?

  3. ニキビ

    大人ニキビと思春期ニキビの違いとそれぞれの特徴とは?

  4. リンパマッサージで小顔

    リンパマッサージで小顔を実現!むくみも解消する方法

  5. シミができる原因とは?(シミのメカニズム)

  6. ミドル脂臭

    男性だけでない!30代から始まる女性のミドル脂臭の原因と対策…