なぜ肝斑になるの?その原因とはいったい何?

肝斑の原因

肝斑とは、いわゆる顔にできるシミのことです。

肝斑は、30~40代頃になると出やすくなり、50代後半頃まで頻繁に出てくるようになります。日本人には多く出る症状で、特に皮膚が浅黒い人は良く出る傾向があるようです。

このページでは、肝斑になる原因と、できやすい人の特徴、改善策について紹介したいと思います。

肝斑ができる原因とは?

肝斑は経口避妊薬であるピルの服用や、妊娠や出産をした女性にも出てきたりもしますが、閉経後になると薄くなることもあるため、女性ホルモンに深く関係があると言われています。

シミを作る原因であるメラニン色素は、紫外線はもちろん、ホルモンの影響によって働きかけるため、精神的ストレスを抱えているとメラニンが増えやすい状況を作りやすくします。不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れなども、肝斑やシミを作る良くない習慣です。

肝斑が出来やすくなる原因として、体の内側のサイクルから来ていることは定かですが、だからといって紫外線にあたっても大丈夫というわけではありません。やはり、きちんと紫外線対策も考えていくことが、出来にくい肌を維持することにもつながります。

肝斑ができる場所は、ほお骨にそって、目の周りを避けた左右対称にシミができます。美白ケアや紫外線対策をしているにも関わらず、シミが改善されない、どんどん増えるという場合は、肝斑を疑ってみた方がいいでしょう。肝斑は外側からできるシミではありません。ホルモンなどの関係性も深いため、自分の何かに原因があり、できるシミなのです。

肝斑を改善する方法

肝斑を改善するには、先ずはホルモンバランスを整えた生活を心がけることです。

紫外線を避けるように、帽子やサングラス、日焼け止めを日常的に使用することは必須です。その他、肌のケアはもちろんですが、規則正しい生活を習慣づけ睡眠不足などの改善を行うことも、肝斑を作りにくくする効果があります。

また、洗顔の際に肌をごしごし洗って刺激を与え過ぎることも、出来やすい原因になりますので、優しく洗うようにしましょう。

肝斑が出来たら、レーザー治療などで取ればいいのではと考える方もいるかと思われますが、実は普通のシミとは違い、返って余計に濃くなる恐れがあります。最近では、専門的に肝斑を取るレーザー治療もあるようですが、一般的には飲み薬を服用することで改善する場合が多いようです。

生活習慣や紫外線を気をつけて、一度治ったとしても、また再発する可能性が高いのも特徴です。治ってもやはり規則正しい生活や、ストレスを溜めないように生活を改めることは、この先も必要になっていきます。

早いうちから改善・予防することで、肝斑が出来にくい肌を作るように日頃から気をつけるように心がけることが大切です。

 

当サロンでは、「ソト」からの美肌を目指すとともに、「ウチ」からのキレイも目指した施術、いわゆる37℃の体温の施術を目指した施術を行っています。体温を上げることで基礎代謝が上がり、ホルモン関係も良好となります。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 猫背の人は胸が小さい

    猫背の人は胸が小さい?姿勢を正すだけでバストアップするワケと…

  2. 血管年齢とシミ・くすみ

    マイナス5歳肌を手に入れるための方法【血管年齢とシミ・くすみ…

  3. 唇が荒れる原因

    唇が荒れる原因!カサカサ唇対処法

  4. 一番大事なスキンケア商品

    基礎化粧品、一番大事なスキンケア商品とは?

  5. 正しいシャンプーの選び方

    美髪になるための正しいシャンプーの選び方

  6. 朝美活

    【朝行うスキンケア】美肌に有効な朝美活とは?