ほうれい線の原因と対策

ほうれい線の原因と対策

ほうれい線は若いときはあまり目立つことなく、気になることもありませんが、年齢とともに少しずつ深くなっていきます。

ほうれい線が深くなると外見の印象もかなり変わってきてしまいます。それはつまり、「老け顔の代名詞」とも言われるところであるため、悪化しないよう対策していきたいところです。

また、ほうれい線は美容の中でもトップクラスのアンチエイジングの悩みとして、常に上位を維持しています。それほど、皆さん何かしら対策していきたいと願っている肌への悩みであることがわかります。

ほうれい線ができてしまう原因と対策とは?

ほうれい線を改善するためには、なぜほうれい線ができるのか、その原因を知っておくことが第一に大切です。

まず、原因として大きく3つが考えられます。

原因1.紫外線による肌の老化

紫外線を浴びることで肌への乾燥が進み、それと同時に肌の老化も進めていきます。

肌への乾燥が進むと、肌の弾力やハリを保つ肌表面(表皮)の抵抗力が低下し、お肌のターンオーバーが乱れます。ターンオーバーが乱れると、シワができやすくなり、結果ほうれい線へとつながっていきます。

そのため、UV対策はきちんと行うことが大切です。さらに、保湿ケアもしっかり行いましょう。水分をしっかり取り入れることはもちろん、適度に油分も与えていきましょう。

原因2.頬の筋肉の衰え

ほうれい線の原因は、加齢による体の機能の低下も関係してきます。つまり、頬の筋肉が衰えることによって表情筋や肌を土台から支える筋膜が衰えてきます。

そのため、顔の筋肉を鍛えるエクササイズなどを取り入れてみましょう。また、1日中パソコンに向かうようなデスクワークの仕事をしている場合、筋肉の運動不足によって頬が下がりやすくなります。

そんな時は、座ってでもできる、お口まわりのエクササイズをするのも良いでしょう。やり方は至って簡単です。

ふぐのように頬をふくらませて10秒間その状態をキープするだけです。これだけでも口周りの筋肉が鍛えられ、リフトアップ効果があります。息は口まわりの筋肉が張るぐらい、息を思いっきり入れ、朝晩1回ずつ行います。

原因3.生活習慣の乱れ

睡眠不足や日々のストレス、喫煙や偏った食事の摂り方などによる日頃の生活習慣の乱れは、ほうれい線以上に肌へのダメージ自体が大きくなります。

喫煙は吸うことで、体内のビタミンCが破壊され、肌はハリを保つことが出来なくなります。また睡眠不足も同様に美肌にとっては大敵です。さらに、日々の疲れによって顔にむくみがあると、より肌がたるんで見えてしまいます。

そのため、余計な老廃物や水分を排出するためにはリンパマッサージなどのケアも取り入れていきたいところです。むくみが取れるだけでもかなり顔はすっきりと小さく見え、顔が上がる効果も期待することができます。

肌がたるむ原因は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が減少していることもあげられますのでこうした成分が不足しないよう、化粧品や美容サプリメントなども利用して補っていくことも大切です。エイジングケア成分が豊富に含まれている化粧品に選び直すのも良いでしょう。

エクササイズは短時間で行えるものも多いので、毎日のケアに取り入れていきたいところです。そして、マッサージなどでも十分に良い結果が期待できるため、ハンドケアによるマッサージを取り入れてみるのも良いでしょう。

また、他には美顔器の利用も肌に当てるだけで効果的な引締めが可能です。

しかし、もしも表面的なケアだけでなく内面的なケアもお望みでしたら『カラダの「ウチ」からも「ソト」からもキレイにする!』をコンセプトとしている当サロンにて施術を受けられることをおすすめいたします。

37LABでは、お客様のそれぞれの悩みに訴求した施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

 

関連記事

  1. 炭酸風呂の作り方と効果【美肌効果もバッチリ!】

  2. βカロチンの働き、健康や美容効果について

  3. クマやくすみをなくす

    コンシーラには頼らない!クマやくすみをなくして透明肌になるに…

  4. 美容 小顔

    小顔になるための必要なポイント

  5. 朝美活

    【朝行うスキンケア】美肌に有効な朝美活とは?

  6. 顔が大きい人の原因

    顔が大きいのは骨格のせい?4つの原因と改善法とは?