カテキンの働き、健康や美容効果について

■カテキンは凄い効果

緑茶は昔から皆さんに馴染みのある飲み物ですね。緑茶が健康にいいという事はご存知の方が多いと思います。そんな緑茶には緑茶カテキンが含まれており、その緑茶カテキンが体にいいのです。では、その緑茶カテキンはどのように体にいいのでしょうか。どのような効果があるのでしょうか。ダイエット効果もあると言われている、そんなカテキンについてご紹介したいと思います。

■カテキンとは

カテキンはポリフェノールの一種で、昔からタンニンと呼ばれてきた緑茶の渋みになります。特に緑茶などの茶葉に含まれているカテキンを「茶カテキン」と呼び、コーヒーに含まれてる「コーヒーポリフェノール」と合わせて「2大ポリフェノール」と呼ばれているのです。

お茶のカテキンは1929年に理化学研究所の辻村博士によって始めて存在が確認されました。(伊藤園のHPより)カテキンは非常に酸化しやすい物質です。緑茶は荒茶製造工程中で酸化酵素の働きが抑えられる為、ほとんど酸化しません。しかし、烏龍茶や紅茶では酸化酵素の作用で酸化化合物が作られます。すると、水溶液中では本来無色のカテキンがオレンジや赤色となります。烏龍茶や紅茶が赤っぽい色をしているのはこの為なのです。

■カテキンの含有率

代表的なお茶のカテキン含有率は

煎茶12%
番茶10%
玉露9%
烏龍茶7%
ほうじ茶2%
紅茶2%

カテキンは熟成した葉よりも若い芽に多く含まれています。ですので、1番茶や2番茶により多く含まれています。さらに茶葉に含まれているカテキンは発酵によって減少するので発酵していない緑茶に多く含まれています。発酵している紅茶はカテキンが少なくなります。

■ダイエットにカテキン

カテキンは濃度が高いほど効果があると言われています。緑茶を飲むときは濃いめが好みですか?薄めが好みですか?ペットボトルのお茶を購入する時は、濃いめや高濃度などと書かれているお茶の方がカテキンの効果は高くなります。そして、この高濃度の緑茶を飲むと体重の減少がみられることがわかってきました。男性の場合は内臓脂肪、女性は皮下脂肪に結果が出たそうです。

血糖値が急激に上昇するとインスリンがたくさん分泌され、体に脂肪を溜めやすくなってしまいます。カテキンはそんな血糖値の上昇を緩やかにする働きがあるため、食事中の飲み物に濃いめの緑茶を飲むことでダイエットに絶大な効果が出ます。飲み物を緑茶にするだけでダイエット効果があるなんて、簡単でいいですね。また運動前後に緑茶を飲むことで脂肪燃焼を促進するとも言われています。

■血行促進、代謝活性、便秘解消

カテキンはコレステロールの低下や血行促進する働きもあります。また、お茶に含まれるミネラルや水溶性の食物繊維は便秘の解消にもなります。カテキンの効果で体の中の老廃物が溜まりにくくなりますので、デトックス効果も抜群です。

■殺菌作用のカテキン

カテキンには食物についた細菌が発生した毒素を摂取する事で起こる「毒素型」食中毒に対して毒素を消す作用があります。そして、黄色ブドウ球菌やマイコプラズマ肺炎を起こす菌、白癬菌にも効果があるとされています。

■美容にもいいカテキン

茶葉に含まれているビタミンの量は茶の種類によっても異なりますが、緑茶にはビタミンCも含まれています。お茶のビタミンCは熱にも強く分解されないので、お湯で入れたお茶にはビタミンCが多く含まれているのです。

■まとめ

お茶のカテキンは凄い効果があります。特に、カテキンダイエットは通常の飲み物を緑茶にするだけで、普段と変わらない食事でも自然と体重を落とすことが出来るのです。緑茶はどこでも手に入りますので、なかなか痩せない方はまず、食事の時に緑茶を飲むことから始めてみましょう。しかし、緑茶にはカフェインも入っています。カフェインは覚醒作用などもありますので、寝る前に飲んでしまうと睡眠がうまく出来ない可能性もありますので、気をつけましょう。

緑茶は健康にもダイエットにも効果的です。体の中から健康になり、太りにくい体質にすることができる37SALONへ、是非、お越しください。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 太る原因、一番の理由はこれでした、驚きの原因とは・・・

  2. クロロゲン酸の働き、健康や美容効果について

  3. 生野菜が体に良い理由とは?【健康な体づくり】

  4. 悪い油は体に悪い、その理由とは【実は油にも種類がある】②

  5. 体が硬いと実は健康にも影響すること、知っていましたか

  6. 健康だけじゃない!美容と薬膳の関係について