なぜダイエットをすると便秘になってしまうの?

ダイエットと便秘

ダイエットをしたら便秘気味になってしまったというのは、珍しい話ではありません。なぜならその原因は、食事にあるからです。

まず痩せようとして、極端な食事制限をすることがあります。以前にあるテレビ番組にて「バナナダイエット」が紹介されたことで、翌日のスーパーからバナナが消えたことがありました。また、「納豆ダイエット」も効果があると流行ったことで、スーパーから納豆が全くなくなった記憶は新しいのではないでしょうか。

このように、同じ食材だけを食べるといった方法でダイエットを行うと、食事の量が減ってしまうことで、排便の量も少なくなってしまいます。

ダイエットの食事制限によって、食材に入っている水分も少なくなるので、体内においても水分が不足してしまいます。また、食材も少ないために、食物繊維も足りない状態になります。水分も少なくて、食物繊維も少ないわけですから、腸内の便は硬くなってしまいます。硬くなってしまっては、排泄だってスムーズにはいかなくなってきます。

キチンとした食事を食べる代わりに、食事と同じカロリーだからと、甘いおやつを食事にする人もいます。しかし、これは盲点です。砂糖をたっぷりと使ったおやつには、当然のことですが糖分が豊富です。糖分というのは、悪玉菌の絶好のエサになります。これは、腸内環境を悪化させてしまいます。腸内環境が良くないというのは、便秘になってしまうということです。

また最近では炭水化物抜きダイエットを行う、低炭水化物ダイエットをしている方も多いですが、この場合も少なくするという方法でダイエットに挑むのであれば良いのですが、今までしっかり食べていたのに、途端に食べないなど、完全に「抜く」のはよくありません。

なぜなら、1日に必要なエネルギーのうちの約半分は、炭水化物から摂取されているからです。その炭水化物を全く摂らないことで、カロリーは抑えられ、更に脂質を代謝させることでダイエット効果は大いに期待できると考えられますが、炭水化物の中に含まれる食物繊維が不足して便秘になってしまうのです。

極端な食事制限は便秘を引き起こし、ダイエット効果を遠ざける!

単に食事の量を減らすという考え方で行うダイエットは、継続することで便秘になってしまいます。痩せるための食事制限をスタートし、もしも便秘になってしまったという時には、自分の体にとってそのダイエット方法に無理があるということを、体が教えてくれているのです。体からのSOSに耳を傾け、どんなダイエット方法が自分に合っているのか見直すことが大切です。

腸内環境がよくなくなってしまうと、体内における環境もよくはなくなります。痩せるためには、代謝機能のアップが欠かせないのに、その代謝が悪くなります。そうなると、脂肪燃焼がしにくくなっていきます。代謝機能が低下しているのは、無理な痩せ方で、便秘になっているからかもしれません。

ダイエットは、健康的な王道の方法が1番です。十分な栄養成分を摂取して、水分も適度に取ることです。これに加えて、軽い運動もしていくことをおすすめします。

しかしながら、ダイエットにチャレンジしていても一向に効果があらわれない場合は、基礎代謝が低いことが考えられます。ダイエットには「代謝を上げる」ことが、何よりもダイエット成功への近道になります。

当サロンでは、基礎代謝を上げるために、お客様のそれぞれの悩みに訴求した施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

37LABコース予約

関連記事

  1. 女性のワキガ

    意外と多い!男性よりも女性のワキガ、なりやすい人の特徴とは?…

  2. 目的別に見る健康食品購入の背景;美容のため

  3. 美容健康ダイエットの効果

  4. 健康を考える美容体重とは?

  5. 一番大事なスキンケア商品

    基礎化粧品、一番大事なスキンケア商品とは?

  6. 舌磨き

    舌が原因で口が臭う?【注意!舌磨き】