小顔になるための必要なポイント

美容 小顔

あなたは、女優やモデルさんってなんであんなに小顔なんだろう・・・と思うことはありませんか? それと同時に、

・私もあんなふうに小顔になりたい
・どうしたら小顔になれるんだろう・・・
・どんなケアをしているんだろう・・・

と考えてしまいます。

小顔になるための方法や手段は実にたくさんあります。またそれらの情報も多種多様に出回っていることから、いったいどんな方法が一番ベストなのか迷うところですよね?

日々のマッサージやプロのエステにお願いする、という方法もありますが、今回は数ある対策法のうち「肌への栄養」について説明したいと思います。

食生活で小顔を目指すには?

小顔作りへの近道は、肌へ栄養を届けてあげることが大事です。それは毎日の食事ももちろん含まれます。

食事をする上で重要なのは、摂取カロリーではなく、「栄養バランス」と栄養を摂取する「タイミング」です。「栄養バランス」は身体に必要な栄養素であるビタミンやミネラルが不足すると、身体の機能がうまくいかなくなり、むくみや疲れなどの健康や美容に大きな影響を及ぼします。

特に脳に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルなどは、栄養素を一番摂取した方がよいとされる「朝食」時に、揃えて摂取すると良いでしょう。そうすることで、過食スイッチがONされることはなくなります。

そしてお肉や炭水化物などのエネルギー源は脳を活性化させる役割もあり、「昼食」時に摂るのが効果的です。しかしお昼時間がないからと、早食いするのは危険です。早食いは太る原因の一つであり、早食いすることで血糖値を一気に上げてしまい、インスリンが大量分泌され、ダイエット効果は下がるばかりです。

摂取する最適な順序とは?

食事を摂る最適な順番は、まずは、ビタミン・ミネラルを豊富に含む野菜を先に摂ります。そして次は、パンやお米などの炭水化物です。最後は、消化は遅いですがエネルギー源である肉類を摂ります。

朝食
昼食

関連記事

  1. ほうれい線を改善する

    ほうれい線を無くす方法、たった3つの生活習慣を見直すだけ!

  2. 表情筋を鍛える

    表情筋とは?鍛えると得られる効果とは?

  3. スキンケア

    化粧水や乳液、美容液の違いとそれぞれの役割とは?

  4. 汗の臭い

    汗の臭いを抑える5つの対策

  5. 唇が荒れる原因

    唇が荒れる原因!カサカサ唇対処法

  6. 半乾き トラブル

    半乾きが引き起こす髪や頭皮のトラブルとは?