汗の臭いを抑える5つの対策

汗の臭い

汗臭いにおいというのは、人を不快にさせます。それでも自分で何か臭う・・・と気付けば何か対策はできます。

しかし自分自身の体臭というのは、なかなか分かりづらく、もしかしたら周りの人に不快な思いをさせてしまっているかもしれません。

そこで今回は、なぜ汗は臭うのか、その仕組みと、汗を抑えるための対策を紹介します。

臭い汗が出る原因とは?

汗は皮膚の「汗腺」という器官から出てきます。そしてその「汗腺」には主にの下記の2つの種類

・エクリン腺
・アポクリン腺

があります。

エクリン腺は元々は無色無臭、ストレスで「臭う汗」に!

エクリン腺は、1平方センチに100個以上もある小さな汗腺で、人間のほぼ全身の体表面に分布している汗腺であり、出す汗の殆どはこのエクリン腺からの汗です。

エクリン腺から出る汗は、無色透明でサラサラ、ほぼ臭いません。そして成分の99%が水分です。そのため、汗が出た直後は無臭です。

しかし、汗腺機能が低下すると、「臭う汗」となってしまいます。汗腺機能が低下するとは、例えばストレスや運動不足などがあります。ストレスを感じると、交感神経が緊張し、エクリン腺が刺激されて臭う汗をかいてしまいます。また運動不足によって汗をかく習慣のない方は、臭う汗をかいでしまうのです。

そしてもう一つ考えられるのは、汗を放置することで皮膚表面に雑菌が増えるため、臭う汗をかいてしまうことです。つまり、皮脂や垢が混ざり、やがては雑菌が繁殖し、臭いを放つようになります。

アポクリン腺はもとからにおいがあり、ワキガの原因にも!

アポクリン腺はエクリン腺とは違い、特定の場所にしか存在しません。特定の場所とは、

・脇の下
・性器、肛門まわり
・おへそ
・耳の中
・乳首の乳輪

などの特定の部位のみに存在し、毛穴と出口を共有している大きな汗腺です。ここから出る汗こそが、気になる臭いの原因であり、ワキガの原因にもなります。

アポクリン腺はエクリン腺とは違い、タンパク質、糖分、グルコース、コレステロール、鉄分、アンモニア、粘りのある脂性の物質などが含まれており、もとからにおいがあるのが特徴です。

アポクリン腺から出る汗は白または黄色っぽく、粘り気が少しあります。

嫌な汗の臭いを抑える方法

嫌な汗を抑えるには、まずは日常生活の過ごし方が大切になります。そのうえで、どうすれば汗をかいても臭わないようになれるのか、その対策は次の7つあります。

食生活の見直しや水分補給をこまめにとる

食事はなるべくアルカリ性の食品を中心にします。

アルカリ性の食品とは、野菜や果物、きのこ類、海藻、大豆などがあります。そのため、緑黄色野菜や海草類をたくさん摂取し、でるだけ多くの種類の栄養素を取り入れるのがいいでしょう。

塩分や糖分、香辛料などの刺激のあるものは控え、酒、たばこ、アルコールなどの刺激物も控え目にしましょう。

そして体内デトックスの為にも水分は1日1.5〜2リットル飲むように努めましょう。

半身浴を行う

特に夏になるとシャワーだけで済ませてしまいがちになりますが、汗腺機能を上げるためには、ぬるめの湯につかり、しっかり汗をかくことが大事です。

温度は38度前後の少しぬるめのお湯で、その中に体の半分だけ浸かります。次第に血行が良くなり、10分後には汗が噴き出てきます。半身浴は毎日行った方がいいですが、時間の余裕がない人は週に1度でも行うことで、汗腺機能を高めることができます。

軽い運動を行う

普段運動をしていなければ、汗もかかないため、汗腺も弱り、詰まりの原因にもなります。また、クーラーのきいた部屋にいると、手足指先などの血行も悪くなります。

汗腺の詰まりが悪くなったり、血行が悪くなると、血液の成分も濃くなり、結果、強い臭いを発してしまいます。汗をかく習慣が少ないと、汗腺の働きが弱くなってしまうのです。

じわじわ汗を出すには「足湯」でも効果はあります。

ストレスを溜めない

ストレスは、エクリン腺が刺激され、臭う汗をかいてしまいます。

そのためストレス発散するには、趣味などの「ウォーキング」「ヨガ」でもいいので、チャレンジしてみるのもいいでしょう。また、「岩盤浴」などもおすすめです。

いずれも、じっくりと汗をかきながらリラックスできるため、血行は良くなり、汗腺の働きも強くなります。

汗をかいた後はぬれタオルでこまめに拭く

少量の汗をかいたなら、乾いたタオルでこまめに拭きとることが重要です。そして、たっぷり汗をかいたときは、ぬれタオルがおすすめです。少量の汗の時とは違い、大量の汗をかいた時は、雑菌が肌に残ります。

それで臭いが出ることもありますので、繁殖を防ぐためにも、ぬれタオルでしっかりふき取ることが大切です。

当サロンでは、基礎代謝を上げるなどの、それぞれのお悩みに合わせた施術を行っております。それにより、「臭う汗」をかかず、無色無臭の汗をかく習慣をつけることができます。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 唇が荒れる原因

    唇が荒れる原因!カサカサ唇対処法

  2. 夕方にくすむ原因

    夕方にくすむ原因!年々くすんで見えるのはなぜ?

  3. 肝斑の症状

    肝斑の症状について

  4. ニキビ

    大人ニキビと思春期ニキビの違いとそれぞれの特徴とは?

  5. 舌磨き

    舌が原因で口が臭う?【注意!舌磨き】

  6. 肌荒れにならない日頃のお手入れの方法