男性だけでない!30代から始まる女性のミドル脂臭の原因と対策

ミドル脂臭

あなたは「ミドル脂臭」という言葉をご存じでしょうか。

「ミドル脂臭」とは、ミドル世代つまり、中年、30~40代の女性、男性が放つ臭いのことを言うそうです。主に働きざかりの男性に、この「ミドル脂臭」は多いとされていますが、実は30代の女性の間でも特有のこの臭いを発する人が急増中とのことです。

今回は、女性も増えてきたこの「ミドル脂臭」という臭いの原因と対策について紹介します。

自分がミドル脂臭かどうか、確かめるには?

臭いというのは、案外と自分では気づけないやっかいものです。しかし、もしも自分の臭いが他の方に不快な思いをさせてしまっていれば、女性なら絶対にシャットアウトしたいですよね?

自分がミドル脂臭かどうかは、まずは次のポイントをチェックすることで、その可能性があるかどうかわかります。

・汗をよくかく
・野菜よりお肉が好き
・太り気味
・ストレスを多く溜め込む
・枕カバーが臭い
・生活習慣が不規則(食事の時間、睡眠不足など)
・運動不足
・飲酒、喫煙が多い

この中で3つ以上当てはまるのであれば、ミドル脂臭の可能性も考えられます。

ミドル脂臭と加齢臭の違いとは?

ミドル脂臭と加齢臭、どちらも臭いでしょうが、大きな違いはあるのでしょうか。

実はこの2つの臭いの違いは、脂臭の原因成分に違いがあります。結果を先に言うと、特に臭いがきついのは「ミドル脂臭」です。

ミドル脂臭の原因成分は「ジアセチル」という、「使い古しの油のような臭い」であり、空気中に拡散しやすく、口臭や足の臭いよりも、ずっとイヤな臭いです。この臭いが特に発生しているところが、一番自分で気が付きにくい、後頭部から首の後ろ周辺なのです。

さすがに首の後ろでは自分で気が付きにくいですよね?でもこの臭いのために、周りの方が何とも言えない異臭を感じるのです。この臭いは、皮脂や汗が原因となります。そのため、服や枕カバー、布団にも染み込みやすく、洗濯してもなかなか落ちないのです。

対する加齢臭の原因成分は「パルミトオレイン酸(脂肪酸)」です。「パルミトオレイン酸」は20代などの若い間は抵抗力が高いため、皮脂の酸化を防ぐことができますが、年齢が増すほどに抵抗力が鈍るため、 皮脂の酸化を抑えることが難しくなります。

酸化を抑えることが難しくなると、「パルミトオレイン酸」が活発化します。 その結果、ノネナールという物質が発生し、加齢臭となります。

ミドル脂臭、対策の仕方とは?

ミドル脂臭を対策するには次の方法を一つづつ実践するのが一番です。

対策1. 適度な運動

適度な運動をすることで、汗をかくため、体内にある皮脂を外に出すことができます。体内に皮脂が蓄積されると、臭いがこもります。

しかし日常的に適度な運動を続けることで、新陳代謝がよくなります。汗と一緒に体内に溜まっていた老廃物が出ていくため、最終的にはミドル脂臭が改善されていくのです。

そのためにも、ウォーキングを取り入れてみたり、エレベータを階段に変更するなど、日常的な運動でいいので日頃から心がけることが大切です。

対策2. 食生活の見直し

もしも今、飲酒が喫煙が多い、油っこい食事や間食を摂り過ぎているのであれば、今後は控え、なるべく野菜の多い栄養バランスの良い食事を心がけることが、ミドル脂臭を対策する一つの手段になります。

食生活の乱れは血行不良にも繋がります。脂質がどんどん体内に溜まり、肥満の原因にも繋がります。また、皮膚の出口が皮脂で詰まると、活性酸素が発生し、イヤな臭いを発します。

そのためにも食生活を見直し、カラダの内側から改善していくことが重要です。

対策3. 頭皮や首の後ろを念入りに洗い清潔にする

ミドル脂臭
ミドル脂臭は頭部や、首の後ろに一番強く発生します。そのため、シャンプーでの対策が効果的で、丁寧に洗い落とすようにしましょう。

そして、頭皮と髪の洗い方は、

1. ブラシや手ぐしで髪をとかし、脂を落としやすくする
2. 36℃~38℃のぬるま湯で頭皮まで洗い流す
3. シャンプーを泡立て頭皮をやさしくマッサージする
4. よく洗い流す

ここで大事なのは、いきなりシャンプーをするのではなく、シャンプーの前に頭皮や髪を洗い流すことで、頭の皮脂もやわらかくなり、汚れが落としやすくなります。

この時点で約80%程度の髪の毛についている汚れを洗い流すことができます。その次にシャンプーを使います。よくやってしまうのは、髪にシャンプーをつけてから泡立てますが、実はこうすると髪が傷む原因にもなります。

先ずは手でしっかりと泡立ててから頭につけて洗いましょう。そしてその時、爪でゴシゴシ洗うのではなく、指の腹を使って頭皮を優しく揉み込むようにマッサージして洗うのが理想的です。

その時にミドル脂臭の強くなる後頭部から首の後ろにかけては、とくにしっかりと揉みながら洗いましょう。

 

当サロンでは、ミドル脂臭の原因となる成分「ジアセチル」を抑えるために、最適な体温である「37℃」を目指した施術を行っております。「37℃」を目指す、頭蓋骨マッサージを行うことで、頭皮への血流がアップされ、体内に滞っている皮脂を外に出す環境を作ってくれます。
もしも、「自分の臭いが最近変わった」などの異変が気になる方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 汗の臭い

    汗の臭いを抑える5つの対策

  2. 顔が大きい人の原因

    顔が大きいのは骨格のせい?4つの原因と改善法とは?

  3. 便秘と美肌

    便秘と美肌の密接な関係

  4. 舌磨き

    舌が原因で口が臭う?【注意!舌磨き】

  5. 髪が抜けるメカニズム

    髪はなぜ抜けるの?髪が抜けるメカニズムとは?

  6. 猫背の人は胸が小さい

    猫背の人は胸が小さい?姿勢を正すだけでバストアップするワケと…