絶対に学ぶべき!今話題のアミノ酸の健康食品

■アミノ酸って?アミノ酸は美容にいいの?

アミノ酸という言葉はよく聞きますが、私たちの体にはどの様に関わっているのでしょうか。アミノ酸は実は私たちの皮膚や髪の毛の原料となる大切なものなのです。血中のアミノ酸はお肌の状態にも影響してきます。つまり、アミノ酸は美容には欠かせない存在なのです。では、そのアミノ酸などのようなものなのか、どのように摂ったら効果的なのかをご紹介していきます。

■お肌はアミノ酸!保湿もアミノ酸!

実はお肌の1番外側にある角質の天然保湿成分の半分以上はアミノ酸で出来ているのです。ですので、アミノ酸を補うことによりお肌が保湿されるだけでなく、美容にもいいのがわかります。この角質層の天然保湿成分であるアミノ酸が減少することにより、水分量も減少してしまうのです。(天然保湿成分となっているアミノ酸成分はセリン、アラニン、グリシンなど22種類の成分があります)ですので、このアミノ酸が配合されている化粧品を使用することにより、お肌の角質の水分を増加させる事が出来るのです。そして、そのアミノ酸は角質層の状態も整えてくれるので、お肌本来の力を引き出す事でターンオーバーが正常となり健康な肌、美肌にする事が可能となります。

 

■アミノ酸が不足すると?

アミノ酸が不足すると角質層の水分量が保てなくなるためにお肌のうるおいがなくなり乾燥してしまいます。乾燥をする事によりお肌にはシワやたるみなどのお肌トラブルが出てきてしまいます。アミノ酸があることで肌がターンオーバーしてくれていたのに、不足することにより代謝が下がってくすみなども出てきます。お肌だけではなく体にも影響が出てきます。血管の老化や肝機能の衰えなど影響が出てくるのです。

■どの様に摂取したらいいの?

アミノ酸のうち11種類は体内で合成し、補うことができるのですが、残りの成分は食事やサプリなどで補わなければいけません。そして、そのアミノ酸を摂るには良質なタンパク質を取る事が大切になってきます。ヨーグルト、卵、牛乳、豚肉、鶏肉、鮭、ツナ、かつおぶし、いわし、あじ、さんま、豆腐、おから、枝豆これらの食品以外にもたくさんありますが、この食品もたくさん含んでいますので積極的に食べるようにしましょう。

その中でも特に食べてもらいたのが、アスパラガスや大豆もやしに含まれるアスパラギンです。代謝を促し角質の水分を保持して潤いを保ち、乾燥を防ぎます。牛乳や大豆、高野豆腐に含まれるセリン。肌の潤いを維持し美白の効果まであるのです。コラーゲンを合成修復するプロリンは豚肉、動物性ゼラチン質、小麦タンパク質、大豆タンパクなどに含まれています。これらを食事で取ることによりアミノ酸が取れ、お肌の改善にもつながっていきます。

■一緒にとりたいペプチド

ペプチドとはアミノ酸が決まった順番で複数個が繋がったもの、もしくはタンパク質が分解される途中で出来るものです。体の中ではタンパク質→ペプチド→アミノ酸という順に分解されていきます。つまり、タンパク質もペプチドもアミノ酸から出来ているのです。

■アミノ酸配合の化粧品を使う

アミノ酸配合の化粧品はご存知でしょうか。しかし、アミノ酸はたくさんの成分からできていますのでアミノ酸配合と書かず、成分で表示してあります。アルギニン、グリシン、グルタミン酸、サルコシン、バリン、トレオニン、セリン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、アラニンなどになります。アミノ酸化粧品を使用したい場合はしっかり化粧品の裏面の成分表を確認して購入することです。

そして、アミノ酸はお肌の角質の天然保湿成分なので刺激も少なく肌質も選ばないので乾燥肌、混合肌、インナードライ肌、敏感肌、もちろん普通肌の方でも安心して利用する事が出来るのです。

■まとめ

保湿力のあるアミノ酸は身体だけでなく、お肌にも大切です。美肌や保湿をするならアミノ酸配合の化粧品を利用するようにしましょう。そして、体には良質なタンパク質を摂取するようにしてください。そのような中でなかなか食事でもとれないという方はアミノ酸のサプリメントもおススメです。サプリメントは通常の食事と一緒に取ることも出来ますので手軽です。

是非、37SALONがオススメするサプリメントをご体感ください。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 毛穴の開き、黒ずみ

    毛穴の開き、黒ずみを解消する6つのポイント

  2. 唇が荒れる原因

    唇が荒れる原因!カサカサ唇対処法

  3. βカロチンの働き、健康や美容効果について

  4. ルテインの働き、健康や美容効果について

  5. 美容と健康の繋がり

  6. 食後高血糖

    食後高血糖とは?気が付きにくい糖尿病を抑える「セカンドミール…